【漫画】せっかく2人っきりだったのに…「誰か呼びたいよね」/もしも世界に「レンアイ」がなかったら(11)

前回までのお話)太一さんから誘われて一夜を共にした乙葉。喜びに胸がいっぱいだったが、同じレンアイ仲間のナギさんには「ダメだよ」と否定され…。

邪魔な感情

この続きは電子書籍で読むことができます。

1話を読む

◆《1話:恋愛が存在しない世界の話

前後の連載記事