【漫画】「私も太一さんとセックスしたとき…」レンアイの本当の苦しみ/もしも世界に「レンアイ」がなかったら(12)

前回までのお話)好きなのに太一さんを独占できず、レンアイであることを苦しむ乙葉。そんなある日、同じレンアイ・紘香さんのカフェを訪れると、そこには親友の葵がいた…。

レンアイの苦しみ

この続きは電子書籍で読むことができます。

関連記事

恋愛のない世界で、恋愛に溺れる人を肯定する/ ヤチナツ『もしも世界に「レンアイ」がなかったら』書評

前後の連載記事