【漫画】「あいつら気持ち悪い!」レンアイの本当のつらさ/もしも世界に「レンアイ」がなかったら(13)

前回までのお話)紘香さんのカフェを訪れると、そこには親友の葵が。レンアイであることがバレたかと動揺する乙葉とは裏腹に、葵は単に顔を合わすことがなくなったことに心配しているだけのよう。だけどホッとしたのも束の間、帰り道で衝撃の事実を突きつけられ…。

レンアイの本当のつらさ

この続きは電子書籍で読むことができます。

前後の連載記事