みんなが「つまらない」と言うものに、「最高だ」と言える自分でありたい

ささいな会話がうまくできない

by Hassan OUAJBIR

近頃、特にコロナ禍になってからの私はあまりにも持て余していたので、言語学習にそこそこの時間を割いている。と言っても、1日1時間とか2時間とか。学生時代は勉強も嫌いだったし、「海外とか行くつもりないんだから、他の言語ができたって意味ないし……」と本気で考えていたあの頃を思うと嘘のような大進歩である。

今は英語と韓国語を同時並行で勉強していて、韓国語はハングルをかなりゆ~っくり読めるようになってきた程度。まだ自信はないけど、勉強すべきことが山ほどあるからいい。英語は勉強の甲斐もあってか、それなりに話せるようになっている……と思う。かなり難しい専門用語(たとえば、病気とか法律とか)はまだしも、日常会話みたいななんでもないやり取りはすんなりできるようになってきた。会話に詰まることもないし、指摘を受ける回数も減っているので、おそらく上達しているのだろう。

契約中のオンライン英会話は毎日続けるとしても、これからどういう方針で勉強をつづけていくか? というのが目下の悩みである。色々調べて、言語交換アプリなるものを物は試しだと思って使ってみているのだが、やっぱり苦手だな、と思う。人と理由もなく連絡を取り合い続けるのが。

このアプリも実質マッチングアプリみたいなもので、やたらと男性からメッセージが来る。「それ、自国の女性に絶対言わないよなあ?」ということも聞かれる。ちゃんとやり取りができて趣味も合って、アジア人の女(私)に差別的ではなく、きちんと言語交換に応じてくれる人を探すとなると至難の業だ。ようやく話の合う人を見つけたけど、「これ、英語でのやり取りじゃなかったら全然止めちゃうな……。」というやり取りをダラダラ続けている。そもそも私は人とコミュニケーションを取るよりも、本を読むとか映画を見るといった趣味に時間を割きたい。ささいな会話を報告しあうことに、あまり意味があるとは思えない。だから私は人付き合いが苦手なんだと言えるのかもしれないが。

そんな感じで近いうちにでもアプリを削除してしまいそうだが、人とのコミュニケーションの渦に巻き込まれている間、私はふと自分の妹の存在を思い出していた。どこで何をしているかわからないし、全く興味もない、なんなら顔も薄ぼんやりとしか思い出せない、ただ血の繋がりがあるだけの妹。もうこの言い方でもなんとなくわかってくれると思うのだが、妹と私はまったく性格が合わない。そもそもまともに会話をした記憶すらないのでなんとも言えないのだけど……。

前後の連載記事