死ぬまでには観ておきたい映画のこと

「地球を侵略しに来た」松田龍平のハマリ役に背筋がゾクッとする『散歩する侵略者』

行方不明になった真治がある日、妻・鳴海のもとに帰ってくる。だが、「地球を侵略しに来た」と告白し、明らかに様子がおかしい——。長澤まさみ×松田龍平×黒沢清監督で描く全く新しい終末映画。

映画『散歩する侵略者』のキャプション画像1
© 2017『散歩する侵略者』製作委員会

 巨大な宇宙船が大陸を覆ったり、隕石が地球に近づいたり。
“世界の終わり”を描く作品は数あれど、人々から概念が奪われることで世界が狂っていく作品はいまだかつて見たことがない。

 それは一体どういうことか? この秋、誰しもが抱いている“常識”を刺激する、新感覚の終末映画が公開される。

『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭ある視点部門を受賞し、国内外で高い評価を得る黒沢清監督が劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。

 長澤まさみと松田龍平が夫婦を、高杉真宙と恒松祐里の若手注目株の二人が“侵略者”を演じる。長谷川博己、前田敦子、小泉今日子といった豪華キャストが名を連ねる。

     

「地球を侵略しに来た」松田龍平のハマリ役

映画『散歩する侵略者』のキャプション画像2
© 2017『散歩する侵略者』製作委員会

 シュールとシリアスのど真ん中を突き、笑いと恐怖を行ったり来たり。終末映画の体をしていても、スケール感を押し付けない。カメラは常に人物に寄り添い、日常がじわじわと狂っていく過程を淡々と描いている。

 侵略者に接触した者は別段凶暴にもならず、狂気を植え付けられたわけでもない。概念を奪われることでむしろ大人しく、決して害にはならない人間として戻ってくる。

 ある日突然「地球を侵略しに来た」と告白する真治のキョトンとした言動が時折笑いを誘う。まるで現世と初めて接触する赤子のように人間社会全てを新鮮に受け止め、いつも仕事に追い込まれている妻・鳴海の手を煩わせる。その体温のない佇まいは松田龍平にしかできない、ハマリ役としか思えない。

 “侵略者”の天野役の高杉真宙、恒松祐里もまた飄々とした態度が妙な不気味さを醸し出し、「その概念、もらうよ」と人差し指を差し出す仕草から、名優たちを食うような存在感で魅力的に映されている。