• love
  • 2017.09.06

トラウマではない。余韻とも違う。この感覚こそが“戦場”だ『ダンケルク』

第二次世界大戦中、ドイツ軍に包囲されたイギリス・フランス軍兵士約40万人の救出作戦。兵士たちはどう生き延び、どう命を絶ったのか——。クリストファー・ノーラン監督が初の実話の映画化。

映画『ダンケルク』のキャプション画像
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 正直、気の狂いそうな作品だ。あまりの恐怖に「早く終わってほしい」とどれだけ願ったことか。
しかし、観終わってしばらくしても目を閉じるとシーンが思い浮かぶ。トラウマではない。余韻とも違う。
そして、この感触が“戦場”を描くのに正しい在り方なのでは、とふと気付くのだ。

 『ダークナイト』『インセプション』など、緊張感漂うトーンの作品群で知られるクリストファー・ノーラン監督が初の実話の映画化に挑む。

 オーディションで抜擢された新人フィン・ホワイトヘッド、本作が本格俳優デビューとなるワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディなどが名を連ね、ノーラン監督による脅威的な演出の数々から全く新しい戦争映画に仕上がっている。

絶望感を煽る“無限音階”とは

映画『ダンケルク』のキャプション画像
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 冒頭の市街戦から一切緩むことのない緊張感に放り込まれる。生きるか死ぬかはもはや運でしかなく、過酷な戦場描写に息を呑む。

 ……ここまでは従来の戦争映画と変わらない。本作の新しさは音響演出にある。名作曲家ハンス・ジマーによる音階が高まり続ける“無限音階”と呼ばれる不協和音・ノイズが、兵士の精神状態に寄り添うように絶望感を煽る。

 まるで彼らの頭の中で鳴っている音のように、戦闘機が撃ち落とされる様を、船が沈没する様を、ある兵士の精神が崩壊する様を音響で表現する。また、奥から手前にかけて爆撃される砂浜を、無感情なまでに静止するカメラワークとともに耳鳴りのように響かせる。
ここまで人の深層心理を突くような音楽の使い方を施した戦争映画を他に知らない。

 ドラマ性を極力排除し、陸海空それぞれの兵士を切り取ることで、やがてパズルのように繋がっていく。たった一部分のリアリティを保ち、その群像劇が一回の爆撃、一人の兵士、一つの死などとやがて結び付くことで全体像を浮かび上がらせる構成が巧すぎる。

“戦争映画はグロテスクな表現が全てじゃない

映画『ダンケルク』のキャプション画像
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 決してグロテスクな表現はない。『プライベート・ライアン』『ハクソー・リッジ』などのような人体破壊の描写が戦場の全てではないように、本作はあくまで音響やカットバックなど映画的手法で兵士の精神状態に近づく。見た目以上に心の中を探り出すような、全く新しい試みをしている。ここまで神経をすり減らすまで戦場の恐怖を体験する作品は初めてかも知れない。

 主演のフィン・ホワイトヘッドが魅力的だ。皿洗いのバイトから本作のオーディションで大抜擢となったという、スター性のないキャスティングがより名もなき兵士のリアリティを醸し出す。とはいえ、トム・ハーディも、本格俳優デビューとなるハリー・スタイルズも、この絶望感溢れる戦場の中で良い意味で個性を埋もれさせながら、記憶に残るような演技で観る者の心を打つ。

 女っ気が何一つなく、だからといって男気溢れる作品でもない。体温を感じさせない映像がより一層戦場の狂気を漂わせ、頭の片隅を支配するように記憶に残る。

 ここで描かれる“史上最大の救出作戦”。
緊張感の高まる世界情勢の中、本作が公開されることに意味を感じる。
人が人を殺すことが許される場所とは、どういうことなのか。その兵士たちに寄り添い、今一度確認する必要があるだろう。

ストーリー

 1940年、第二次世界大戦が本格化するフランス北端のダンケルク。ドイツ軍に包囲されたフランス・イギリス軍約40万人の兵士は、陸海空からの襲撃に逃げ場を失う。

 トミー(フィン・ホワイトヘッド)やアレックス(ハリー・スタイルズ)はそんな過酷な状況下でも生き延びる術を探す。彼らの母国イギリスが軍艦だけでなく、民間船までもが兵士たちのいる海岸を目指し、“史上最大の救出作戦”を行おうとしていた。
 
 民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子とともに危険を顧みずダンケルクを目指していた。イギリス空軍パイロット・ファリア(トム・ハーディ)も、不利な状況でも懸命に戦い続ける。
刻一刻と死が迫る中、兵士たちは地獄の戦場で何を見るのか――。

9月9日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他 全国ロードショー

監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:フィン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディ
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
原題:Dunkirk/2017年/アメリカ映画/106分
URL:『ダンケルク』公式サイト

Text/たけうちんぐ

次回は<「地球を侵略しに来た」松田龍平のハマリ役に背筋がゾクッとする『散歩する侵略者』>です。
行方不明になった真治がある日、妻・鳴海のもとに帰ってくる。だが、「地球を侵略しに来た」と告白し、明らかに様子がおかしい——。長澤まさみ×松田龍平×黒沢清監督で描く全く新しい終末映画。

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家
今月の特集

AMのこぼれ話