あいつさえいなければ…!「上司のせいで下がったモチベーションをどうにか上げる方法」

嫌いなクソ上司にパワハラまがいの詰められ方をされた……というとき、転職先やハラスメント相談所や殺す方法をググる前に、一旦冷静にモチベーションを上げる方法を考えてみても遅くはない!

上司のせいで下がったモチベーションをどうにか上げる方法

 指示がクソとか、モラハラっぽいとか、人のやる気をそぐのが天才的にうまい上司っていますよね。

 あー、もうやだ。あいつのせいで、なんかもう働く気しない。だるー。転職しよっかな。

 でも、現実問題、転職のほうがもっとダルいし、他の人はいい人ばかりだし、なんだかんだ仕事は気に入ってるし。

 本当、あいつ(上司)さえ、あいつ(上司)さえいなければ…!

 ふるえる両手で包丁を握りしめるまえに、まずはどうにかモチベーションをあげる方法を考えてみましょう。 転職はそれから考えても遅くない!

金井の回答

上司のせいで下がったモチベーションをどうにか上げる方法への回答

 モチベーション、私も今までの転職してきた会社の70%の上司と合わなかったので下がりまくってきました。一人だけ女性の上司で今でも思い出すくらいいい方がいましたが…!
にしても、私がミスったりできなかったりしたのが悪いのはわかってますが、だとしても絶対にそんな言い方はしない、ってこれまで1万回位思ったことあります。何なんですかね、この現象。日本全体のモチベーションが低い要因なんじゃね?って感じですよね。

 ただ、これに関しては相手を変えるのはもう無理なので、とにかく仲のいい友達に、わかってくれる同業者の先輩に、話しまくるしかないと思います。

 意外に仕事の愚痴って言いづらいというか、さわりだけ話してお互い大変だよねーって終わることもあるんですが、「もう今日は話させてくれ!」と決めて全部どんな状況でモチベーションが下がったのかちゃんと説明します。
自分の弱みとか嫌なことも言わなきゃいけないので、全部言うのって結構大変なんですけどね。

 でも、少しでも「ひどい」とか「あなたは悪くない、だからこんな行動をとったらどう?」とか、「その状況は違う」ということを言ってもらうだけで、もう全然違う気持ちになれます。

 モチベって認められない状況で下がりやすいので、そうじゃない!と自分以外の人に言ってもらえると上がります。
ちょっとの愚痴じゃなくて網羅して説明するのが肝だと思います。友達に言いづらければ、コーチングとかやってるところにいくのもいい気がします!

 モチベーションがすべてとは言わないですが、本当に大切だと思うので、早めに対策してくださいね!

(金井)

大川の回答

上司のせいで下がったモチベーションをどうにか上げる方法への回答

 やる気をそぐ上司、そのタイプは森羅万象だと思いますが、今回ご紹介したいのは「は?おまry、なに言ってんだ?時間のム(以下自粛)」と指示がクソだった場合。そんなときはこの言葉を思い起こして下さい。

 光栄に思え。俺は八百屋にサンマは注文しねえよ。/野田敦

 これは私の人生のバイブル、あだち充先生の名作野球漫画『H2』(13巻)で、キャッチャー野田が、控えピッチャー木根にハッパをかけるシーンのセリフ。
つまり、野田からの「信頼してるぜ」という暗喩であり、照れ隠しを匂わせるこの言葉に木根は奮起するのです。

 むちゃくちゃを言われてやる気をそがれそうになったとき、脳内で勝手にこの設定に置き換えると、「ま、いっちょやったるかぁ」と意気込めるので、負けず嫌いな人には好都合。

 上司が四の五の言えないくらいの真ん中どストレートで見逃し三振に退けてやる…とかなり気合も入ってスカッとしますし、いい仕事もできるので自己満足度・自己肯定感も上がって一石二鳥ですよ。

(大川)