wp-content/uploads/2020/04/journal_author-29473%4020200420-1478-1t0pxh3.png

ブログ「チェコ好きの日記」で旅・読書・アートについて書いている、硬派な文化系ブロガーのチェコ好きさん。 そんなチェコ好きさんが読んできた数々の本の中から見つけた、日常のふとした悩みやモヤモヤする恋愛、将来の不安まで、人生の色々な場面にいかせるヒントを紹介していく連載です。

自分の三大性癖を分析すれば、人生が味わい深くなる?代わり映えしない毎日に

  • 2022.05.21 | #100

「そのときはそれが一番だと思った」で十分!人生を明るく諦める『赤い魚の夫婦』

  • 2022.05.07 | #099

「多様性」「ダイバーシティ」に偽善を感じると砂をかけたくなる気持ち『正欲』

  • 2022.04.23 | #098

何をおいしいと思うかも、何を苦と思うかも人それぞれ。どんな人の「食」も「生」も否定しない『食べる私』

  • 2022.04.09 | #097

誰も味方のない単数でいる女は魅力的だ――「そそる女」のヒントがある『血も涙もある』

  • 2022.03.26 | #096

1対1で完結する関係性なんてない。多様な「愛」を問う『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』

  • 2022.03.12 | #095

「推しを解釈したい」という欲求――自分を強烈につなぎ止めてほしいがゆえの辛さ『推し、燃ゆ』

  • 2022.02.26 | #094

ひとり暮らしの上手い/下手は存在するけど、下手だとダメなわけでもない。幸田文『台所のおと』

  • 2022.02.12 | #093

ぽっちゃりしている私、痩せている私──『ファットガールをめぐる13の物語』に見る、容姿にまつわるたくさんの矛盾

  • 2022.01.29 | #092

分断を煽るのでは…?「シスターフッド」の苦手意識を払拭させた『女の子の謎を解く』

  • 2022.01.15 | #091

ポイ活と筋トレの話題はなぜ虚しくなる?『ハワーズ・エンド』が浮き彫りにするもの

  • 2022.01.01 | #090

カップルのゴールが結婚と出産でなくてもいい。20年ぶりに読み返した『ノルウェイの森』

  • 2021.12.18 | #089

「自分一人で生きることにそこそこの充足を感じている独身女性」から見える意外な景色

  • 2021.12.04 | #088

私たちを救うのはお金でも恋人でもなく、「気まぐれ」という美しさかもしれない

  • 2021.11.20 | #087

ヤリ捨てられたり、振り回されたりする恋愛をしてはダメな時代なのか

  • 2021.11.06 | #086

若い頃のドキドキか、それとも老いのエモさか。この世には二種類の人間がいる

  • 2021.10.23 | #085

今の私は、思い描いていた自分とどれくらい違う?人生の良し悪しはもっと深いところにある

  • 2021.10.09 | #084

年齢を重ねるごとに深く味わえる小説の存在は、この先の人生をポジティブな気持ちにさせる

  • 2021.09.25 | #083

旅にでなければ神秘的な体験は得られないのか――呪術医と精霊が登場する、梨木香歩『ピスタチオ』

  • 2021.09.11 | #082

「書きたい、何か書きたい」というピュアな衝動から自分の性癖に気づけたりする

  • 2021.08.28 | #081