「勘違いすんなよ、ブス」拒否できない自意識過剰な私は、いつも無力を感じてしまう

いい人だけど、過剰な態度の担当者

by Kinga Cichewicz

今週中に引越しをする。理由はいろいろ……更新月が迫っているとか今の生活になんとなくうんざりしてきたとかペットが飼えないだとかあるけれど、何よりも狭い。コロナが流行る前は寝に帰るだけの部屋だったのだが、リモートワークがはじまってからはそうもいかない。この8畳にも満たない小さな部屋で毎日を過ごしている。今までよく発狂しなかったな、と本気で思う。それくらい狭くて、色んなことが嫌になってしまって、深夜の思いつきで不動産に問い合わせる。わがまま放題の細かい希望とマッチした物件は1軒しかなかった。いざ内見してみたら、なんとなく住んでいる自分の姿が想像できる。「まあ、別にいいか」という煮え切らない気持ちもあったが、大金を叩いて契約してしまった。

家具や収納はどうしようとか、家の近所の飲食店で気になるところを探したりとか、そういう楽しみができた。かなりワクワクしている。自分の好きなものがたくさん詰まった理想の部屋で、今よりもずっと好きに生活できたらいいな。

審査も通り、手続きを済ませて無事に契約も済んだわけなんですが、物件を探す際に担当してくれた人が、明らかにコンプラに引っかかるくらいガッツリ口説いてくるタイプの人で、少し悩んでいた。

担当してくれた人は、23歳で私よりもずっと若かった。私は私でちゃんと理想の部屋が見つかればそれでよかったし、不動産に全くの無知な私より遥かに知識があるのは当然だろう。年齢は特に気にしない。初めて電話をしたとき、細かく希望を聞いてくれた。直接話をしたときも親身になって具体的に話を深堀りしてくれたし、物件へのアドバイスもしてくれた。きっと性別も世代もライフスタイルも違うさまざまな人から色んなことを言われて、毎日うんざりしているはずなのに、少しも面倒臭がる素振りを見せなくて、「誠実でいい人だな。若いのにちゃんとしていてすごいな」というのが第一印象ではあった。

けど、「僕、今彼女いないんですよね~」と言われた時点で不審に思って、ちゃんと距離を取っておくべきだった。内見に行くときに「じゃあ、今から僕とデートしましょう!」と言われたりとか、内見中も「僕が同棲した気持ちになって考えると~」と言われたりとか。「今度飲みに行きましょう!」とか、何か趣味の話をしているときに「僕たち、気が合いますね!」とも言われた。実年齢を答えたら、そのあとすぐに「女性ってやっぱり年上が好きなんですかね?」とも聞かれたし、恋人の有無や好きな異性のタイプを尋ねられたりもした。

ひとつひとつ「ん?」とは思ったのだが、どれも決定打にはならないというか。「こんな年下の男の子が私くらいの年齢の女に好意を持つなんて、そんなことあんのか?」という案と、「相手も相手で『こんな女、適当に手のひらで転がしておけばいいだろ』と思って、ちやほやしてくれているのでは? そういうマニュアルでもあんのか?」という案が常に頭のなかを駆け巡り、どうも感覚がマヒしていたように思う。ちゃんと客観視できなかった。

無事に契約が終わった今、当然だが無駄な連絡が来ることはない。私の心配しすぎだったし、杞憂だった。でも普通、仕事先で出会った人に踏み込んだこと聞かないじゃんね。「おかしかったのかも」とそうはっきり思ったのは、引越し先の契約をほとんど済ませたあとだった。相手は私の今の住所、電話番号、引越し先の住所、職場、保証人である母の連絡先まで知っているわけで、その気になればストーカーとか会社に嫌がらせの電話をするとか、どんな行為もできてしまうってことにも。

いい人だとは思う。普通に知り合っていたとしたら、友達になれたかもしれない。けど、私たちはただの不動産の担当者と客で、お互いにどんな人なのか知らない。冷たくあしらうこともできないし、かといって相手に過剰に期待させるようなことも絶対に言いたくないし、対応に困っていたのだった。まあ、契約しちゃったんですけどね。別に、私の過剰すぎる反応であればそれでいいんだ……。何事もなく時間が過ぎてくれることを祈る……。

前後の連載記事