• sex
  • 2016.04.06

逆レイプ状態のあなたに伝授!彼を狼に変えるアノ手コノ手

ベッドインしたにも関わらず、何もしてこない草食男子って都市伝説じゃないんです。セックスに持ち込んだとしても、まるでこっちがレイプしているかのよう……。そんな男子をマグロから狼に変える3つのポイントをラ・コビルナが伝授します!

ラ・コビルナ 女性向け セックス 逆レイプ すんどめ
bradleypjohnson

 こんにちは!コビルナスタッフJuliです!!
肉食女子の増えてきた昨今、このコラムを読んでいるアナタも沸き立つ肉欲を抑えきれない肉食女子のひとりではないですか?
女性の社会進出の進む現代。女だって自立して男性以上にSEXを謳歌する時代となってまいりました。
しかしそんな中、逆行するように急増する男性の草食化が、私たち肉食女子の悩みの種となっていることは間違いありません。
お毛毛の処理もバッチリ、オナニーも我慢した、一緒のベッドで横になった、いざ!と思っていたら、横から「スースースー・・・」って寝息!?という草食男子をパートナーに持つアナタや、SEXはするんだけどいつも私の逆レイプスタイル…なんていうアナタ。そして日々のSEXに飽き飽きしてしまっているアナタまで、この方法を使って彼を狼に変えてみませんか?

まずは「M宣言」

 弊社で発売中の「HOW!? 彼を夢中にさせる魔法のレシピ」「HOW? 上級者編 最高のキス&フェラで恋もキレイも手に入れる」で様々なSEXテクニックに磨きをかけたはいいもの、男性があなたに頼りっきりでマグロ状態では「こんな予定じゃなかったわ!」なんて彼の大切なアレを蹴り上げたくなる気持ちが湧いてもおかしくないでしょう。
重度のS女の方を除いて、責めたり責められたり、お互いに気持ちよくなりたいものですよね。

 そんな時、まずは自身が「Mである」と伝えてみましょう。
ここで注意すべきは「私だって時々は責められたいんだけど!」とこれまでのSEXを否定したり、彼を責めるような言い方をするのではなく、きわめて可愛らしく重さゼロで伝えること。
また、本気のドMと思われると引かれてしまったり、面倒と思われてしまうこともありますのでノリよく話すことがポイントです★
もしかすると、彼は「あなたはS女で、自分は何もしないほうが楽しんでくれる」と勘違いしてしまっているかも知れません。
ここで思い違いだったと気付いてくれれば「おっ!次は俺がイジめてやろうかな」なんて思ってくれるかも知れませんよ。

さわりたい…けどがまん!

 それでもSEXになんの変化も起きないようであれば、SEXの最中に「がまん」をしてみましょう。

 私もそうなのですが、あんなことやこんなことをしているうちに、自分ががまんならなくなり、せっせとご奉仕し、せっせと下着を脱ぎ、せっせと押し倒し、せっせとまたがり、せっせと動く…というオフェンスの鏡のようになってしまっている場合があります。
毎回これでは男性が手を抜き始めるのも仕方ありません。(ハイ、分かってるんです…涙)


 狼に責められるいたいけな赤ずきんチャンになるためには、燃え湧き上がる淫欲を必死に堪え、出来ることなら、その耐え忍ぶ悩ましげな瞳で彼のことをジッと見つめるだけに留めてみましょう。

 このときどんなに「あーチ○コ触りてぇ…」と思っても、手を伸ばしてはいけません!

 触るのは彼の背中や胸板、足の付け根、お尻、首元や髪だけにします。
ホラ、誘いはするけど自分からは手を出さない魅惑的な女性の出来上がりです。

最終手段は「すんどめっ!」

 がんばって言葉で伝えたし、がんばって淫欲も抑えた!それでもやっぱり手を出してきてくれない(泣)なんていう、草食を通り越して仏のような彼を持つあなたには、もうこれしかありません。

秘儀!「すんどめ」です(笑)。

 手でシてあげているとき、見つめても何も起こりそうもない…と感じたら、極めてゆったりのったりじんわりぐずぐずもたもたと、彼のかわいいアレを爪先や指の腹を使って遊んであげましょう。
ここでイカせるイキオイで握ってしまっては、これまでの努力が水の泡!
触れたり触れなかったりを繰り返し、時々裏筋を指全体を使って強めに刺激したり、やさしく撫でてみたりと緩急をつけ、彼の体温を感じながら気長に楽しみましょう。時々見つめ合いながらキスをしてみるのもいいかも知れません。

 そうこうしているうちに、さすがの彼もがまんならなくなってあなたをガバッ!っとしてくれることでしょう。
「口でして」なんてお願いしてくる子羊ちゃんな彼には、笑顔で「ヤダ♪」とかわいくおあずけしちゃいましょうね。

 このテクニックで普段とは一味違う烈々たるSEXを楽しんで、2人の仲をもっと深いものにしてみてください♪

Text/女性向け映像メーカーla coviluna(ラ・コビルナ)スタッフ・Juli