素敵ビッチのたのしい性活

中イキの練習は一人でできる!膣の中に指をいれてクリと一緒にイク練習から始めよう(前編)

今回は、中イキするためのトレーニング方法をご紹介!クリオナニーに少しプラスするだけでイケる体へ!クリではイケるけど、中ではオーガズムを感じたことがない人、必見です!


 中イキに関する質問が多くよせられています。
セックスしつつ中イキできる日をただ待つだけでは時間がもったいないです。
ただ待っているよりも、中イキができるように体の準備をしておくと、セックスで中イキできる日が早くやってくるかもしれませんよ!

☆質問はこちらから受け付けています!

ラブタイムに突入する前にすべきこと

中イキ3ステップ

Betsy 素敵ビッチ ラブグッズ フェラ クンニ 同時イキ 中折れ アンダーヘアandoni_beristain

 私が中学生の時にやっていた中イキ練習を基に、練習法を3つのステップにわけてみました。
これで全ての人が達成できるとは思っていませんが、イクまでに至らなくても中の感度は上がると思います。

*今回の記事は、自分でクリトリスを刺激してイクことができ、かつその際に極度の脚ピンをしていないことを前提としています。
(脚ピンがクセになっている方は、【脚を伸ばさないとイケない?脚ピンさんがセックスでイキやすくなる方法】をまず読んでみてください)

ステップ1:濡れる


 中イキに必要なのは“濡れ”です。
ちんことか指とかバイブ的なものを挿入してイクのが目的なら、まず濡れてないと何も入れられないですよね。

 今まで散々ローション(潤滑剤)をオススメしてきましたが、この準備においては、ナチュラルに濡れることが必要です。
なぜなら、“濡れ”は性的な興奮や快感のバロメーターでもあり、「挿れたい」合図でもあるからです。

 エッチな動画を観るとか、小説を読むでもいいし、ちょっと胸とかクリを触る、でもいいと思います。
自然に潤ってくるまでは挿入しないようにしましょう。

*体質的に、きもちよくてもほとんど濡れないという方は、潤滑剤を使ってください。