• sex
  • 2014.12.18

遊び人にとってクリスマスは女関係の恒例リセット行事だ!/ゲスのから騒ぎ!メンズトーク実況中継

まだまだ彼氏彼女と過ごすべき!といった風潮の強いクリスマス。セックスしているけれど付き合っているかというと微妙な関係の男女、ヤリチン側の男が女性を煙に巻く手段をファーレンハイト(桐谷ヨウ)さんがレクチャー!あなたはセフレからこんなことを言われていませんか?

遊び人にとってのクリスマス

恋愛 ファーレンハイト ヤリチン クリスマス 遊び人
©alenka_getman

 今日は聖なる夜のために性の話題は封印しましょうか。性獣ファーさんです。

 来週はクリスマスですね。イベントにさほど興味がない俺でも少しウキウキします。

 さて、クリスマスは一部のヤリチン野郎にとっては「清算」のタイミングになる。複数の女性に色恋をかけてきた男性は、詰むわけですよ。
12月24日の夜に会えるのは一人だけ。そんなの選ぶのは本命カノジョに決まってますからね。
それ以外は言い訳にならない言い訳をするしかない。し…仕事で…!

 ヤリチン界隈におけるクリスマス。最初からお互いに割り切っての関係なら「クリスマスは彼氏(彼女)と楽しんでね」と言い合えるのだけど、だいたいはそんなきれいな関係でもない。
「付き合ってるのかわかんないけど、なんとなく会ってる」みたいな関係で曖昧にすまして、ヤリチンは重要なところを「大事に思ってるよ」みたいなセリフでケムに巻いてきてるわけ。

 そこで女性の方が本気になっていると、本当に大事なら会えない理由の説明がつかない。なので「良い女だったのにな〜(※セフレには)」と思いながら泣く泣く関係を終わらせるわけですな。
まぁ熟練のヤリチンは恒例行事程度に思ってそうですが。

 もうちょっとゲスいことを書くと、お金というコスト面もデカイよね。本気を演出するなら相応にお金がかかってきて、それが複数人いるとなると大変なことになりますからね。
現実的に無理になってくる男性も多いのでしょう。

 クリスマスもバレンタインも本当にヤリチン泣かせだと思う。彼らは大富豪のパーマンになりたいと思ってるよ。
自分のコピーほしいとか真剣に考えてますよ。

 さて、ゲスい話でなくてもクリスマスの厄介さは「それなりにクリスマスを大事にしてほしい」って女性がそれなりにいることでしょうね。
美味しいご飯に〜とか、普段買わないレベルのプレゼントを〜とか、そういう期待値はやっぱり多少感じる部分があって、男的にはダルい。それなりってなんだよ。 以前に本当の恋愛の話の方でも書いたけど、男性が女性に対してイベントを頑張るって「喜んでる顔が見たい」から。それ以上でもそれ以下でもない。それについてくる雑務はほんっとにうっとおしいんですよね。

24日の夜中にさえ 一緒にいてくれるなら大丈夫

 自分が付き合う彼女は仕事を頑張ってたり、そこまでイベントにこだわるタイプではないのですごく助かってる部分があるのだけど、これが要求してくる女性だと正直億劫だろうなーと感じちゃう。(素で張り切れる男はそうそういない)

 男から見ても、クリスマスって一緒にイルミネを見に行ったりするのは楽しかったりするし、街がちょっと色めき立ってるのは素敵だなと感じる。だけど正直なところ今日書いたのが男の本音だったりする。

 逆にいえば、女性から見れば自分が本命かがけっこう明確になるし、甘えようと思えば許されるタイミングではあるので、存分に利用すべきチャンスだと思う。
平日がクリスマス・イブのときに「予約してどっかに食べに行きたい」みたいなことは絶対言っちゃダメだけどね。

 本当に忙しい男はけっこういて、会社の都合で自分の思うように身体が空かない人は絶対いる。
他の女の子のところに行ってるわけでなくても。24日の夜中に一緒にいてくれるのであれば、その彼のことは本当に信用してあげてください。

 あれ、なんかゲスい話で終わらなかったけどあれだ。遊び人に引っかかってた人、これを機会に新しい出会いを探してくださいね!
メリークリトリス!


Text/ファーレンハイト

ライタープロフィール

桐谷ヨウ
脱力系ヤリチン、週末コラムニスト。恋愛コラムで一躍人気ブロガーに。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら