• sex
  • 2016.06.02

セックスすると膣が擦れて裂けそう!性交痛に潜む4つの可能性

カレとの愛を深める行為なのに痛みが生じてしまってはセックスが億劫にもなるというもの。すぐに原因を突き止めておきたいですよね。今回は性交痛の原因かもしれない4つのことについてです!加齢による粘膜の薄まりから膣口の場所まで、お悩みの方は参考にどうぞ!

 今週はセックスが痛い、という性交痛のお悩みが届いています。
(※内容は一部修正しています。質問はこちらのフォームからどうぞ!)

挿入時に裂けるような痛みが!

 この頃、挿入すると膣に裂けるような痛みを感じます。

 最初は相手の男性のものが大きかったのかと思いましたが、違う男性のものでも裂けるような痛みがありました。お尻側です。
そこそこ濡れてから挿れましたし、昔はそんなに濡れてなくても時間をかければ痛いなんてことはなかったので、老化でしょうか。
特に、足を上げた状態で挿れられると痛いです。ときには、実際に裂けてしまうことも。
騎乗位などは痛くありません。痛みを感じずにエッチがしたいのですが、どうすればよいですか。

 また、体位や膣トレーニングなど対策がありましたら教えてください。 (Aさん)

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方
©Lau_Lau Chan

   性交痛は、痛む場所(膣の中、入り口)、痛みの度合いによっても様々な原因が考えられますが、今回は膣の入り口付近が擦れて痛むというメジャーなお悩みです。

 私は専門家ではないので、痛みが続くようであれば婦人科に一度相談されることをお勧めします。

 さて、Aさんの場合、入り口のお尻側が擦れて痛みを感じてしまうということで、4つの可能性を考えてみました。

①粘膜

 元々粘膜が薄いため摩擦に弱い人もいるそうですが、年齢を重ねるごとに粘膜が薄くなることもあるそうです。そうすると粘膜が乾燥しやすくなり、力のかかる部分が擦れて裂けてしまうんですね。痛みを感じると、その瞬間から濡れがストップして乾いてしますので、ますます擦れてしまいます。

 まずは、潤滑剤を使って、摩擦を小さくすることで痛みを感じにくくなると思います。
もし、ラテックス製のコンドームによるアレルギーの可能性があるなら、ラテックス製ではなくウレタン製のコンドームを使ってみてください。

 外陰部や膣に炎症が起きていても性交痛の原因になるので、セックスの時以外にも痒みや痛み、おりものの異常があれば病院へ。

②愛液

 愛液の量が十分ではないと摩擦が大きくなって、痛みに繋がります。興奮や気持ちよさとは関係なく、潤いが不足することもあります。気持ちいいのに全然濡れない、最初はたくさん濡れるのに時間が経つほど濡れなくなってくる、ということもあるんですよ。
また、出し入れしている間に膣内や入り口付近はどんどん乾いてきますから、潤いが足りていると思っても潤滑剤で補充してみましょう。

 もう一つ、性交痛の原因として意外と多いと思うのが、カンジダなんです。カンジダは元々体にいる真菌で、免疫が落ちている時や抗生物質を摂った後、糖分の摂取、ストレスが溜まったりする時に増殖してしまいます。
ひどい時には強い痒みや痛みがあったり、おりものが白くなったりするのでわかりやすいですが、ひどくない場合には気づかない場合もあると思うんですよ。

 私は濡れやすい体質なんですが、ごく稀にセックス後に入り口付近がヒリヒリしてしまうことがあります。たくさん濡れていても摩擦の痛みがある時は、だいたい睡眠不足でカンジダっぽくなっています。
体についた愛液が乾いてサラサラとした状態になっている場合はカンジダの可能性もあるので、一度病院で受診してみてください。

③角度

・いつも決まってお尻側が痛くなる
・脚を上げた状態で挿入すると痛くなるが、騎乗位だと痛くない

 このことから、挿入の角度を変えることで軽減できるかもしれません。

 膣口のある場所によって、上付き、中付き、下付きと言いますよね。前の方にあるか、後ろの方にあるか、その間かということです。

 それに加え、男性のちんこも形や反り具合、動きやすいピストン角度がそれぞれ違います。勃起度が増した時にちんこの根元部分の下側がぐっとせり出して、膣口を押し下げてくる人も結構いるんですよね。

 私はセックスの時に、相手のちんこが膣内や入り口部分の性感帯にうまく当たるように、正常位であれば背中を少し丸めて腰をちょっと上げ気味にしたり、腰を反らせて膣口が下を向くように微調節します。同様に、お尻側が痛くなるのであれば、腰を少し反らせてアーチ状にするなど、膣口の向きを調節してみるといいかもしれません。

 痛くない体位を探すのもいいと思います。
バックなら腰を思いっきり反らせて寝バックは避けるとか、屈曲位を避けて足の裏を床につけた正常位にするとか。Aさんが痛くなりにくい騎乗位の時間を長めにとるのもいいかもしれませんね。

④大きさ

 膣は伸縮するので、たっぷり濡れた柔軟な膣だったら、ある程度の巨根でも対応できるようになっています。
手首よりも太いスーパー巨根だって、膣の入り口の一番狭いところをちんこの一番太い部分がメリメリと押し拡げて入ってしまえば、あとは普通に出し入れできました(決して私がゆるゆるというわけではありませんよ(汗))。

 ただし、男性のちんこにも巨大から極小まであるように、女性の膣にもスモールサイズがあるそうなんです。そこに手首サイズのスーパー巨根を入れようと思ったら、かなりの柔軟体操をしないと無理ですよね。

 大きさに差があることで痛くなる場合や、入り口の一部分が擦れて痛む場合は、セックス前にゆっくと湯船に浸かり、前戯の時にたっぷりと濡らして指で少しずつ伸ばして広げてもらうといいと思います。

 毎回必ず痛くなってしまうというのであれば、出産時に会陰が裂けないように行う会陰マッサージも効果があるかもしれません。

 次回は《私が年を取ったから興奮しないの?前戯中にAVを見る彼がひどすぎる》です。

Text/Betsy

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の既婚女性の実態をアンケート中です!

AM読者には既婚女性も数多くいらっしゃいます! 夫婦生活は私たちの生活に今までとは違う感覚や感情をいくつももたらしてくれるもの(良いのもあれば、もちろん悪いのも)。 みなさんが日々感じていることを教えていただけたらありがたいです!

アンケートはこちら