• sex
  • 2014.07.23

一日中裸で過ごしてヤリまくるのもOK!暑さと汗で性欲ムンムンな夏セックスの醍醐味

夏のセックス

Betsy 素敵ビッチ ラブグッズ フェラ クンニ 同時イキButz.2013


 暑い季節がやってきましたね。
週末の夜になると、我が家の周りに集まってくるイチャイチャカップルの数も日に日に増えるので、夜の公園を散歩するのが楽しみになってきました(笑)。

 それもそのはず、男性ホルモンのテストステロンは、夏の日光でなんと2割増しになるらしいのです。ということは、フェロモンムンムンで、性的欲求もアップ。気温と共に体温も上昇してセックスもホットに!

 ただ、困るのは暑さと汗ですよね。
でも、汗でメイクが剥がれてスッピンに近くなっても、それも盛り上がっている印だと思えばいい。むしろ下にいる相手の体に汗がポタポタと降り注ぐのが、夏のセックスの醍醐味!

 そんな暑い夏にセックスを楽しむ方法を考えてみました。

家にひきこもる


 とにかく外は暑い。ならば一日中裸で過ごしてヤリまくる!暑さが苦手な私にとっては、夏休みの一番楽しい過ごし方です。

 セックスしてごはんを食べて、セックスして昼寝して、テレビを観てまたセックス。
今これを書きながら、男の家で裸クッキングしている動画を撮られてしまったことを思い出しました。あの動画が削除されていることを願います。

ひんやりローション風呂


 熱くなった体をクールダウンさせながらイチャイチャできるのは、ローションバス。
ローションバスの素を使ってバスタブのお湯をヌルヌルにしちゃいましょう。
低めの温度に設定して、湯船の中で体を寄せてヌルヌルプレイをすればキモチイイし暑さも軽減できて最高です。
ハッカオイルを数滴垂らして、ヒンヤリ感を味わうのもいいですね!

 私は周りの友人に“夏の元気なご挨拶”としてローションバスの素をプレゼントしていますが、一度使うとハマる人続出です。
この夏、ローションバスデビューしてみませんか?

*温度が低いままだとなかなか排水溝に流れないので、湯船のローションを流す時はお湯で少し薄めるといいですよ。

ベッドから出る


 エアコンをつけているのにベッドに横たわっているだけでも暑い。そんな日はベッドから出て、涼しい所を探しながら交わってみましょう。

 ヒンヤリ冷たいフローリングの上に横たわってセックス!体温で床が温かくなったら、またヒンヤリした場所を求めて転がればよし。膝をつく所にはタオルなどを敷いておくと皮がずる剥けにならずに済みます。
もっとヒンヤリしたければ、エアコンの下で冷風を浴びながら立ってセックスしてみてください。

 体位もなるべく密着せず、接触面の少ないものを選ぶといいと思います。
膝を立てた騎乗位、バック、立ちバック、座位は体を反らせるといいでしょう。
正面からの立位では片足を台に乗せて少し上体を反らせ気味にします。

スポーツ


 あえてもっと暑い環境でするのも夏のセックスの醍醐味。
特に、日が落ちてからのランニングデート、ジムデートがオススメです。
筋肉を使った後は血流がアップして感度も上がり、汗でフェロモンムンムン。男性は勃起力がアップします。
たっぷり汗をかいた体のまま服を剥ぎ取り、体をむさぼる。汗と愛液でヌルヌルになった体を擦り合わせる。思い出しただけでも体が火照ってきそうです(笑)。

 もし汗のにおいが気になるのなら、一緒に熱いシャワーを浴びながらのセックスもイイですね。
同じジムに通っていないのなら、誰でも使用できる市民体育館で。

開放的になる


 開放的な気分になる夏の夜は、お外でセックス!とお勧めするわけにもいきません。開放的になりすぎて警察のお世話になりたくないですよね。

 でもちょっとしたスリリングを味わいたいなら、家でも可能です。
ドアを開けたまま玄関でセックス、全開にした窓から顔を外に出してセックス、夜空を眺めるフリをしてベランダでセックス、などなど。声を出せない状態だと余計興奮するのは、なぜなのでしょうね。

 ハッスルしすぎて熱中症にならないように、セックス前には軽く水分補給して、思う存分に夏のセックスを楽しんでください!

 次回は、「エロ女子のための性欲増強テクニック!夏が終わるまでに最高にヤバいセックスを」をお届けします。

Text/Betsy

Betsyさんの連載への感想や質問を受け付けています!

お申し込みはこちら

関連キーワード

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら