• sex
  • 2013.06.18

ひとりエッチだと知らずに…自然発生型はエリート 26歳OLの等身大の性事情(3)

 一人目のキラキラ女子としてお話を聞かせてくれたSさん(26歳)。

 いやぁ、かわいかったですねえ~。
「こういう話はほとんどしたことがないです」と言いつつも、しっかり考えながら話してくれたのが印象的でありました。

自然発生タイプはオナニーエリート

遠藤遊佐 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


 しかし、実を言うと私、このインタビューで軽くショックも受けたんですよね。
それというのも、このくだり。

*****************************************************
S:最初に(オナニーを)したのは、はっきりとは覚えてないけど小学校の低学年~中学年くらい。

――それはどういうきっかけで?

S:えーとね、私、当時学童保育に行ってたんですけど、そこで一人でゴロゴロしてたらポケットに入れておいたキーホルダーか何かがアソコに当たって「あ、これなんかちょっと気持ちいいかも」って。
*******************************************************

 私が初めてオナニーというものをしたのも、やっぱり小学生の頃でした。
でもそのときには、父親の持っていた官能小説を盗み読んでどんなことをするのかだいたい知ってましたし、押し入れに隠してあったエロ本やビデオを観てムラムラするのは日常茶飯事。

 つまり、まず知識が最初にあって、それによって目覚めさせられたんですね。
完全なる耳年増、むっつりスケベなタイプです。

 一方Sさんは、ガツガツとエロを求めていくタイプではないのにもかかわらず初オナニーは小学生のとき。
「オナニーとは何か」という知識すらないうちに、自然発生的にそれを始めたというじゃあありませんか。
私に言わせると、これはエリート。こんなことを言われてもまったく嬉しくないでしょうが、オナニーエリートです。

オナニーのきっかけは大きく分けて二つ
知識先行タイプと自然発生タイプ


 これまでいろんな女性にオナニーのきっかけを聞いてきて思うのは、2つのタイプがあるということ。

 まず一つは、私のように知識やリビドーが先行するタイプ。
母親の女性誌に載っていたオナニー記事を読んで試してみたとか、エッチなグラビアを見てムラムラして思わず触ってしまったとか。
まずAmazonでローターを購入してから初オナニーに挑んだ……なんて女性もいました。

 そしてもう一つは、Sさんのような“自然発生タイプ”です。
枕を股間に挟んで寝ていたらムズムズしてきて……とか、プールの時間にコースロープに跨ってたら気持ち良くて……とか、校庭で登り棒に登っていたらこすれる感触が気持ちよくてイッちゃった……とか。
別にエッチなことを考えていたわけでもないのに、気がついたらオナニーしてた。
要するに、脳よりも先に体が目覚めるわけです。
そしてこういう女の子は、だいたいオナニーを始めるのも早い傾向があるんですよね。

 ああ、うらやましい!!

 恥を忍んで言いますが、私のような“知識先行タイプ”はこういう話を聞くともう妬ましくてたまりません。
エッチなものを見て性欲が芽生え、オナニーに挑戦してみる。
それでも気持ちよくなってイケるまでにはけっこうな時間がかかります(ちなみに私の場合は数年がかりの一大プロジェクトでした)。

 なのに、子供の頃に枕や登り棒やキーホルダーでなんとなくソレを知って、ヘタすりゃそのままイッちゃう人もいる。
こんな不公平なことってないじゃあないですか。

 言ってみれば『ガラスの仮面』の北島マヤと姫川亜弓のようなもの。
四六時中エッチなことを考えているのになかなか気持ちいいオナニーにたどり着けない人もいれば、何もしなくても自然にそれを覚えてしまう人もいる。
そう思うと、埋められない天才と努力の人の差を突きつけられたような気持になってしまうのです。

エッチな知識は彼から知る
ゆえに間違った認識も


 しかし、今回実際にSさんに話を聞いてみて思ったのは、天才肌の北島マヤもけっこう苦労してるんだなということ。

****************************************************************
S:でも指を入れたりはしなかったですね。
指を自分のアソコに入れると気持ちいいらしいって知ったのが中学になってからで、実際に入れられたのは初体験のときが初めてだったんです。
で、その初めて指を入れられたときが超痛くって……。
だから指を入れるってことには抵抗感がすごくあるんです。今でも自分では絶対入れないですね。
****************************************************************

 ガツガツしてないから、エロに関する知識は彼氏から入ってくるものが多く、指を入れられて痛くても「そういうものなんだ」と思い込んでしまう。
「指マンは痛いもの」ってトラウマになってしまう。

 うーん、やっぱり何事もバランスが大切。
知識先行型と自然発生型、どちらがいい、どちらがトクかなんてことはわからないのかもしれません。

 次回は、看護士のIさんに性の目覚めについて伺います!
 お楽しみに!


Text/遠藤遊佐

■26歳OL・Sさんのインタビューをまとめて見る

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
6月特集
5月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話