• sex
  • 2014.08.12

フケ専のJD!勃つか勃たないか…ギリギリのオジサンがたまらない!/20歳イマドキ女子大学生の性事情(3)

 今回のインタビューは、これまでの最年少。20歳の女子大生・Yさん。
今どきの女子っぽい華やかなルックスと裏腹に、昭和の匂いのする古いものが好きという女の子です。

 第一回第二回も合わせてどうぞ。

男の人のダメさが可愛いって思っちゃう

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


――そうだ、まだ初体験について聞いてなかったですよね。周囲より早かったそうですけど……。

Y: 12歳、中学一年のときでした。近所に住んでた20代後半のお兄さんと。

――20代後半ていうと、サラリーマン?

Y: それが違うんですよ。あの……当たり屋だったんです。

――当たり屋ってあの、車に飛び込んでお金脅し取る人!?

Y: そう。当たり屋でギャンブラーで借金持ちっていう三重苦。その人は、今思ってもほんとにダメでしたねえ。セックス下手だし、見た目もB-BOYみたいで全然好みじゃなかったし。

――うわー! いたいけな少女が当たり屋と……12歳なんて、まだ毛も生えてないくらいじゃないですか!?

Y: 生えてましたよ~(笑)。生理が来たのが小学校3年だったから、成長は早いほうだったと思います。ブラもしてたし、カラダは今とほとんど変わらなかったんじゃないかな。むしろ毛は今のほうがない。

――パイパン!?

Y: 彼氏の好みで剃ってるんです。

――……あのー、もしかしてYさんって“だめんず”好き

Y: うーん、そうかもしれない。「ダメさが可愛い」みたいに思っちゃうんですよね。
今の彼氏は40代後半の妻子持ちなんだけど、一緒に食事するとついお金とか出しちゃうし。

――40代後半の妻子持ちが、こんな若くて可愛い子にお金出させてるなんて! おばちゃん、同じ40代としてショック……。

Y: 私、高校生のときってすごく贅沢してたんですよ。
イベントで知り合ったおじさんが、ベンツで学校の前まで迎えにきて高級レストランに連れてってくれたり、逢引き用の部屋を借りてくれたり。
でもそれって、私が女子校生でロリだったせいだから、今は「むしろ自分がお金出さなきゃ」って思ってる。

――確かにおじさんは可愛い女子校生に進んでお金出すだろうけど、女子大生になったらいきなり立場逆転っていうのは極端ですよ!(笑)

勃ったり勃たなかったり…ギリギリな感じがたまらない!


――しかし、Yさんて筋金入りのおじさん好きなんですね。
ちなみに、今まで付き合った中で一番年上って何歳?

Y: 一番年齢差があるのは今の彼氏。セックスした相手で一番年上ってなると、もっと上で50代後半ですね。

――うわ、素朴な疑問ですけど、それって普通に勃つの?

Y: まあ、勃ったり勃たなかったり。ギリギリな感じがまたたまらないんです(笑)。勃ってちゃんとできたときには「よかったね」って思う。

――「ビンビンの逞しいチンポで激しく突いてもらいたい」っていう女の子もいるけど、そこらへんはあんまりこだわらないんだ。

Y: 性癖がMなので、セックスそのものよりも言葉責めとかアナル調教とかのほうに興味があるんです。
その点、今付き合ってる人はSなので、私のM心をいい具合に満たしてくれるんですよ。

――今まで付き合った人の中には、Yさんを満たしてくれるようなS男はいなかった?

Y: そうですね。私、付き合った相手はそれほど多くないんです。
初体験の相手と中学卒業まで付き合って、高校に入ってから音楽イベントで知り合った36歳の人と付き合って、その人と別れたのが2週間くらい前。同時進行で不倫してた人が一人いるけど、そんなもんですよ。

――え? じゃあ2番目の人とは5年も付き合ってたの?

Y: そうですね。でも、今の彼氏と付き合うことになったので別れました。

女の子が東京で暮らしていくって決めたら、晩婚になってしまうのは仕方ない


――おじさんたちに散々チヤホヤされてきたのに、実際に付き合う相手は当たり屋や妻子持ちでお金まで出しちゃうっていうのが、なんか不思議ですよね。どうせなら贅沢させてくれる相手と付き合えばいいのにとか思っちゃう。

Y: うーん。そもそも私、自分に興味持ってくれない人が好きなんですよね……。

――出た、だめんず好き発言!(笑)

Y: こうやって話したら、改めてそうなんだなって思いました。マズいですよねえ(笑)。
でも悲観はしてないんですよ。元々結婚願望がすごく強くて早く結婚したいって思ってたんですけど、最近、女の子が東京で暮らすって決めたら、晩婚になってしまうのはある程度仕方ないのかなって思うようになってきて。誘惑も多いし、好きになったら不倫もしちゃうだろうし。
今は30代、40代の自分がどうなってるのかなっていうのが楽しみなんです。

――そうか、まだ20歳の女子大生なんだもんなあ。20歳でエロに興味があったら、そりゃいろいろしてみたいよね。
悔いを残して熟女になってから大爆発起こすよりも、今のうちにやりたいこと全部やっとくほうがいいのかも……よくわかんないですけどね。

 次回は、Yさんの取材を終えた後の遠藤さんの考察をお届けします。

Text/遠藤遊佐


遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら