• love
  • 2012.09.04

メールを返せない女の本音とは

iphone Mail By jeremy vardel
©iphone Mail By jeremy vardel

未返信女[ミ・ヘンシン・オンナ] mi・hénsɪŋ・onna
生息地:都市部の企業内で特に能力が必要とされる部署に生息。ときに、雄が専制君主型であったり環境が異様に厳しかったりする家庭内で、家事労働に真面目に勤しむ個体もいる。 特徴:始終働き蜂のように動いている。暇があるときは、休息に専念する。友人が少ない。

 メールを返さない女、たまにいない? 具体的な質問メールに三日も返信よこさないとか、結婚式の出欠席の返信をしない、同窓会の返信をしない、ラブレターもらっても承諾も断りもしない! などなど……その他いろいろ。別に、返信しなかったところで、社会人としてどーのこーのみたいなこと言うまでの問題ではないと思う。 物事の返答の仕方は人それぞれだし、一方的に同級生というだけで、返答して当然みたいな顔して送られてくる同窓会とか、大して仲良くなかったヤツの結婚式の招待状なんて半分イヤがらせみたいなものだもの。

 けれど、そういう人がやりにくいなと思われてしまうのは、返信が来ないのは、何か不具合があったのか、それとも意図的に返信していないのか、確認がし辛いせい。電話で念のため確認していいかどうかも迷う。 ロビンソン・クルーソーみたいな人里離れたところで暮らしている人でもない限り、社会生活の中で何かの連絡や質問にどれだけ返事をしなかったら、相手が困るかの目安くらいはわかるはず。お役所から届くいろいろな連絡事項に返信しなければ、住民登録だってできないし、税金だって納められないし、ガスだって引けない。ビジネスメールには何時間以内に返信するのががマナーなど、会社で基準がある程度あるものだし、それはわかるっているはず。

 なのに、個人的生活で受け取ったものには返信をしない、なぜ? なぜなの? ってところから不信感が生まれるの。

 もし、意図的に無視していたら無邪気に催促しているみたいでバカみたいなんだけど、不具合があって万が一届いてなかったのなら申し訳ないし……。 “返事をしない人”に対するそうした不信感は、解消されないとどんどん募っていき、最後には「アイツ、もう俺ら同級生のことなんか鼻で笑ってるんだろ」とか「結婚したことに嫉妬してるんでしょ」とか「駆け引きしようとしているの? 何様のつもり?」とか しなくてもいい勘繰りを引き出してしまうの。  逆にいつでも何でもすっと返事をくれる人は、「打てば響く人」と、恐るおそる付き合わずにすむ。そういう人はコンタクトを取るときに安心してできる。返信がない時でも「忙しくて返信できないんだろうなあ」、「もしかしてメール届いてないかもしれないから、もう一度メールしておこう」と前向きな解釈に繋がる。

 返信の仕方で、他人とのつながり方が全然違うものになるような気がするわ。  でも、たまにいる“未返信女”が悪いとは言い切れない。私生活の、自分の生活に直接関係ない物事に反応している余裕がない人が、そうなる気がするから。実際、へとへとになるまで仕事している頑張り屋さんの女性が、同窓会のお知らせをもらっても、休日出勤もあるかもしれないし、そもそも行ける体力が残っているかもわからないから、必ず行けるいけないと簡単に判断できないまま、あっというまに時が過ぎて返信期日を過ぎているってことも想像できる。

 ましてや、子育てに必死でなっているママたちが、のんきに平日に設定しやがるようなカップルの結婚式なんかあった日にゃ、「保育園どうしよう? 誰に迎えに行ってもらおう? 夜ご飯どうしよう?」とスケジュールを考えるだけでも大変なことに、気力も体力も割けずに返信できなくなることも想像できる。  返信ができないくらい忙しい状態の“未返信女”は、職場選びを間違っているか、男選びを間違っている。仕事に人間らしい余裕があればいいはずなのに、それがない。友人の結婚式のときくらい、家事や子育てを一手に引き受けてくれる余裕のあるパートナーじゃない。

 お気の毒に、あなたたちが悪いんじゃない、そう職場や男がいけないの……と憐れむフリしても、かけよって肩に手をかけてなんかあげません。 そんな職場を選んだのも、そんな旦那でいいと判断したのも、あなた自身! 同情なんか全然できない! だってメールもすぐに返さないのは、「返さなくても理解してくれるはずだから大丈夫」甘えであり、「返さないくらいでブースカ言うやつは友だちじゃなくていいもん」という驕りであるからだし、 そもそも返事もできないくらい余裕がないってことは、自分の精神的なものすべてを職場or男or子どもに費やしてるってことで、それ以外は結構どーでもいいと思ってるってことだから。 メンタリティが自分の私生活すべて投げ打って、三つ指ついて旦那の帰りを待っている一昔前の専業主婦と同じじゃない。 ただひたすら心を砕き続け、服従する相手が金を稼いでくる旦那だけでなく、仕事にもなりえるような時代になっただけ。 もっと自分自身の個人的な外との繋がりも大事にしたらどう?

 あ”、A師匠の独演会後の打ち上げ招待がfacebookに来てたのに、「参加する」押してなかった(汗) ヤバっ! シャルルは社会生活の返信の方がうまくできてません……。

 

advice

返信しないならしないで一貫して「あー、あの人誘ってもムダだから」キャラになることを覚悟して。それならOK。するならいつでもきちんと、が信用される大人の受け応えだと思うわ。 同窓会の返信用はがきに丸をつけて返す気力があるかで、精神的な余裕が測れる……と勝手に思っているシャルルは、同窓会文化のない学生生活だったので、そこらへん全て憶測でものを言ってます。ごめんなさい❤

関連キーワード