恋愛ドラマ勝手に深読み入門

流行った恋愛ドラマを福田フクスケが深~く読み解きます!

love
  • 第17回:『最高の離婚』は現代のトレンディドラマである(後編)『最高の離婚』は『東京ラブストーリー』の現代版!?『最高の離婚』は、テレビドラマにとって冬の時代と言われる昨今、久々に世間で話題になったと実感できるドラマでした(前編はこち...
  • 2013.04.08
love
  • 二組の夫婦を通して描く “人はいかにわかり合えないか”  みんな、どう? 最近、別れた人と同居してる?  往年の恋愛ドラマをあえて見直し、勝手に深読みしていくこの連載。 実に、前回から4ケ月ぶりの更新となってしまいました。  4ケ月も...
  • 2013.03.27
love
  • 月9ドラマはオワコンになったのか?  このドラマは、若くしてITベンチャー企業を立ち上げ、時代の寵児となった男・日向徹(小栗旬)と、東大理学部という学歴を持ちながら就活に全敗している要領の悪い女子大生・夏井真琴(石原さとみ)の出会いを...
  • 2012.11.21
love
  • 男の浮気はしょうがない? 恋愛を遺伝子で説明する異色ドラマ  もうひとつ、本作には重要な問題が描かれています。 それは、「男女の対等な恋愛関係は、本当に成立するのか?」ということです。  南原の研究者としての有能な腕に惹かれ、彼に...
  • 2012.09.20
love
  • 「好きな恋愛ドラマ」で今も根強い人気  ところで、ドラマや映画を評するときによく使われる、この「等身大」という言葉。 考えてみると、よくわからない言葉だと思いませんか?  この頃の深津絵里は、よく「等身大のOL」を演じて女性視聴者の...
  • 2012.09.09
love
  • めんどくさいサブカル男子の自己完結ドラマ?  最終回に、印象的なセリフが登場します。「俺が親から唯一教わったものは、束縛をしないという優しさだった。だからなのかなあ、ほどけるほどの強さでしか、人とつながれないのは…」(第12話) “自...
  • 2012.08.29
love
  • “もう恋愛に縁がない”大人のための恋愛ドラマ!?  彼女たちは、これまでたくさんの恋愛を経験し、酸いも甘いも噛み分けてきました。 恋愛が、たくさんのウソや演技や欺瞞や気まぐれによって成り立っていることも、痛いほど知っています。でも、そ...
  • 2012.08.22
love
  • “感動の材料”ではない障害者のリアルを描きたい  ドラマと現実のリアリティを考える上でもうひとつ重要なトピックが、『ビューティフルライフ』には隠されています。 それは、木村拓哉が“リアルでナチュラルな演技”という評価をされていたのは、...
  • 2012.08.15
love
  • 働く女性をハマリ役にした篠原涼子  そんな『ハケンの品格』の中で、恋愛をめぐる興味深いセリフが飛び出すのが第4話です。  派遣差別主義者だったはずの東海林が、春子に恋心を抱いてしまい、「俺のこと、好き、嫌い?」とアタックするシーンで...
  • 2012.08.08
love
  • 純粋な恋愛ドラマとは言えない『イケ☆パラ』  それでも、このドラマが10代の女子を中心に人気を集めたのは、『イケメン☆パラダイス』というサブタイトルの通り、本作がひとえに“一度にたくさんのイケメンを見られるドラマ”だったからにほかな...
  • 2012.08.01

ライタープロフィール

福田フクスケ
フリーライター。“くすぶり男子”の視点から恋愛やジェンダー、セックスなどを考察。