• love
  • 2016.03.09

スタバでMacのドヤ顔男子は本当はドヤってない説

スタバでMacをいじっている人をドヤラーと言うそうです。でも、実際Macって便利じゃん? それをことさら揶揄するのってどうなんでしょう…? 自意識をこじらせた坊やたちへの対処法はここにありました。

傍からドヤって見えてしまう行動

舘そらみ 応用のきかない恋愛論 ドヤラー Macbook air
©TMAB2003

 スタバでMacを得意顔で開く人のことを、「ドヤラー」と言うらしい。
なんと、スタバでMacを開く行為自体を「ドヤリング」とも言うらしい。

 そんなこと言っちゃったら、私の周りにはスタバでMac開くような人ばかりだ。もっと言うと、私もスタバでPC開くし(残念ながらレッツノート)、電車とかでもすぐPC開いちゃうんだけど、これもドヤリングではないだろうか。まず、パソコンをPCとか言っちゃうのってかなりドヤリングではないだろうか。

 どうも、ほぼほぼドヤラーの舘そらみです。だてそらみと読みます。
怖いですね、本人の自覚が無くても、ドヤリングしてしまっていることってありますよね。
スタバでMac開いている人だって、得意げに思ってる人は少数だとは思うんですけど、傍からだと「ドヤってる」って見えること、あると思うんですよね。

 例えば私は今、本が立ち並ぶブックカフェに居るのですが、もうこれ、かなりのドヤリングでしょうな…。本があると、創作脳が刺激されるから居るだけなのに…ああもう創作脳なんて言葉が、刺激なんて言葉が、ある意味ドヤっている!

 本人はただ便利だから使っているだけでも、それを使わない人からはドヤリングだと思われちゃうものって結構ある。
例えば、今私のカバンの中にも、ブックカバー・万年筆・緑の紙のノート・スケッチブックが入っている。全て便利だから持っているだけなんだけど(ブックカバーには付箋が収納されている)、きっとある人達から見たら盛大なドヤリング。後ろ指を指されてしまう。

 たった1年の会社員生活を辞めてから8年。会社員の友達の会話を聞いているとちょっとクスリと笑ってしまう。“上司が~”、“プロジェクトが~”そんな一言一言がなんか“ごっこ”を見ているような気分になるからだ。だって、そこで使われている言葉たち、別の畑にいる私にとっては嘘みたいなやりとりだから、「いやいやいや、おかしいから!」ってツッコミたくなる。でも、当人たちは大真面目。日常会話の日常用語。

 冗談だろって言葉を私も恥ずかしながら使っている。夜に会おうが「おはようございます」、テキレジ・ゲネ・マチソワ・コゲ…なんだそりゃってカタカナを普通に多用している。「ちょっとケツあるんでマキでお願いします」なんて言葉を、本気で使っている。ドヤってなど居ない。でもきっと、ドヤって見える。

<スタバでMacのドヤ顔男子が案外好きなら…!>

本気でドヤっちゃってる人は無視!スルー!

 実のところ、得意げに思っている人なんて、そんなに居ないのではないだろうか。
いや言い換えよう。確かにたまに猛烈に得意げな人居るけれど、そんな人は相手にしなくていいのではないだろうか。

 今も、斜め前の席に居る、20代後半の男性。学生の女の子に、ずっとドヤり続けている。
「この小説家ってさ、佐賀県出身なんだよ」「この翻訳って、アレを訳した人と一緒なんだって」。

 だからどうしたっていう知識をドヤ顔満天でひけらかし続けている。「もっと本読みな?」なんていう驚きの言葉も笑いながら放ちやがった。
学生の女の子よ、そんな知識は、入れずともいいよ。魂のこもってない知識なんて、なんの役に立とう。

「スタバでMacでドヤ顔男子」というお題から、大きくズレてしまった。
スタバでMacでドヤ顔男子に関してどう思うかを書くハズが、私の認識だと「そんな人そんな居ない」。大多数は、便利だから使っている。

 例外として、ドヤる10代は多い。なんて言ったら10代に怒られるだろうか。でも10代は、基本ドヤる。他者と自分との差別化図ろうとして、特に10代男子はマジでドヤる。もうそれは、自我が不安定な10代の特性として、かわいいもんじゃないか。

 もしも大人でドヤっている人がいたら、もう無視していいと思う。
確かにたまに居るけど、でもそういう人は相手にされてないから。相槌打ちながらもみんな心の中で流してるから。

 ドヤるほどの勇気や絶対的自信なんて持てないですし、持てない人間で居たいです。
ドヤるってつまり、“自分にとってステキなこと”が “相手にとってもステキなこと ”に違いないという猛烈な思いこみと、自分の方が秀でているというなんの根拠もない妄信だと私は思うので、そんな勘違い坊やになりたくないです。

 何度だって繰り返す。
ひとつ、ドヤってる人間なんて実はきっとそんなに居ない。ドヤって見えちゃうのは、その人と自分の価値観が大きく違うから、行動の選択理由が分かりにくいっていうことだと思う。
ひとつ、「かっこいいだろ見て見て」なんて本気で思ってドヤっちゃってる人のことは、無視!!!そんな奴は、無視してよし!!!

 すいません、ドヤってる男に付き合わされている若い少女の姿をあまりにもよく見るので、そんな彼女たちへのメッセージと代えさせていただきます。
大人にもなってドヤってひけらかしている人の相手なんて、せんでよし!!!

 もしも、スタバでMacをかっこいいと思って使う人が世の中に沢山居たらごめんなさい。私の認識不足です。如何せん私は、ドヤるような人はもう居ないものだと思って生きているので、きっと目に入っていないんだと思います。
ドヤるような人、知らん!

Text/舘そらみ

ドヤってもかっこいい男子と恋したいなら…?

Poiboy
©Poiboy

AM編集部がプロデュースした女の子のための恋愛応援アプリの「Poiboy」は、女性同士で気になる男性をオススメし合い、好みの人を見つけてコミュニケーションができるアプリです。
気になる男子をポイ(フリック)する「お気に入り登録」や、お気に入りの男子をグループ分けして楽しむ「コレクション機能」、仲良くなりたい男性とだけできる「メッセージ交換」など、恋愛に受身な女性でも気軽に楽しみながら利用することができます。
「Poiboy」はApp Storeでダウンロードすることができます。Android版も近日中に登場する予定!

ダウンロードはこちら

ライタープロフィール

舘そらみ
脚本家・俳優。1984年神奈川県生まれ、トルコ・中米育ち。映画「私たちのハァハァ」の脚本を執筆。Twitter:@_sorami

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM調べ!全国の恋愛を大調査!!

皆さん、いま世の中の女性はどんな気持ちで恋愛しているのか、自分と同じ考えの人ってどれくらいいるのか考えたことありますか? そんな疑問に答えるため世の中の恋愛事情・セックス事情などがどうなっているか大調査を実施中。 素敵なプレゼントも差し上げているのでぜひアンケートに回答してください。

アンケートはこちら