男が言う「ブス」とは「自分にとって都合の悪い女」のことでしかない

「整形シンデレラオーディション」を観て、「自分の顔がどこが好きか」なんて考えもしなかった自分に気づく大泉りかさん。自分の顔をどう思っているか考えながら思い出したのは、男性に初めて「ブス」と言われた日のことでした。

シンデレラになりたくて

ブスだと言われたって気にしない女性の画像 by Jeffrey Wegrzyn

『ザ・ノンフィクション』って番組、ご存知ですか? 日曜の昼下がりに放送されているフジテレビ系のドキュメンタリー番組で、わたしはこれが大好きで毎週必ず録画しています。特に先週放送分は面白かった。

 タイトルは「シンデレラになりたくて…2018 ~前編~」。整形して自分を変えたいと願う女性たちが、自らのコンプレックスと向き合いつつ、「整形シンデレラオーディション」のグランプリを目指す姿を追ったドキュメンタリーの前編です。

 そもそも「整形シンデレラオーディション」とは、某美容整形クリニックが主催するコンテスト。一般公募された候補者の中から、書類選考と面接審査、合宿審査を突破したセミファイナリストたちが、次のステージでは、各々の希望に則した整形手術を受けます。その手術代は、すべて無料の太っ腹。

 そこから、ウォーキングなどのレッスンを受けた後、さらに数名のファイナリストが選ばれます。彼女たちは、来場者3万人を超えるイベント「ガールズアワード」でランウェイを歩く権利と、グランプリへの挑戦権を得るのです。

 先週放映した前半では、合宿審査に合格した女性たちが整形手術を受けて、新しい容貌を手に入れ、さあ最終審査に向けてレッスン開始、というところで、なんと今回から参加することになったベトナム人女性たちと合流。これは候補者にとってサプライズだったようで、みな動揺を隠せないまま、後半へと続く……という展開でした。

 これは来週も見逃せない、と余韻に浸っていたところ、一緒に見ていた夫が突然、わたしに向かって言いました。

「ねー、君、自分の顔のどこが好き?」