• love
  • 2015.09.24

恋愛中なのに「相手に会わない」時代が来た!SNSで繋がるゆとり不倫/外資系OLの恋愛沼(11)

ゆとり世代がそろそろアラサーの仲間入り!無理して頑張らないのが特徴と言われる、ゆとり世代の不倫とは…?トイアンナさんがその気になるゆとり世代の不倫の現状をレポート!SNSでしか相手と触れ合わないというゆとり世代の不倫の実態とは?

愛は光回線と共に

トイアンナ 結婚 不倫 バリキャリ アラサー 独身
FaceMePLS

 不倫の現場がネットになったのは、今に始まった話ではありません。メールでの密かなやり取りに始まる90年代から、現在はLINEにカカオトーク。オンラインゲーム上でプレーヤー同士の結婚が話題になったこともあるでしょう。

「Twitterで知り合ったんです」
と、ゆとり世代の不倫女子が話し始めたときは、まあそんなこともあるよね。と思っていました。Twitterから知り合って結婚なんて話も、聞かない話ではありません。むしろ外見や肩書きに惑わされず、性格から見定められるならネット恋愛もありかな、と。

 しかし、話を聞き始めて20分、私は一抹の不安を覚えていました。彼女の話題に一切「現実世界」が絡んでこなかったからです。

「もし、よろしければいつもどこでデートしているか、教えていただけますか?」
現実での絡みについて知りたくて質問したところ、彼女は”やっぱりそこ聞いちゃいますよね”と前置きした上で、こう答えました。

「実は、彼に会ったことがないんです」

不倫相手に会う時代は終わった!?

「は?」
くらっ、と倒れそうになりました。もうなんやねんゆとり世代。前々回からファミレスでデートするだの、不倫なのにセックスレスだの、オバちゃんのメンタル削りに来てんのか?
いやだわこれだから若い子は。草食はおろかバーチャルなリアリティでプラトニックなんですってよ。

「え、それ不倫なんですか?」(って聞いちゃうでしょ?)
「一応、不倫にはなるかなって思います」
「そ、その心は……?」
「毎日イチャイチャしてますし、あっちの奥さんに隠れてプレゼント贈ったりしてますし」
「何を贈られたんですか?」
「LINEスタンプ」
衛生兵!プレゼントにすら現実世界が足りてません!

LINE通話で「添い寝」

 と、いうわけで一切現実世界が絡まない不倫(?)をしている彼女ですが、それって不倫の醍醐味である「寂しさがなくなる」もなくなってしまうのでは?その疑問を率直にぶつけてみました。

「オンラインの不倫だと、寂しくはないですか?」
「そんなことないですよ!遠距離恋愛だと思えばいいんです。たまにLINE通話をつけっぱなしにして、眠ったりするんです。寝息が聞こえてくると、添い寝みたいで嬉しくて。遠く離れていても、彼はそばにいてく…(聞くに堪えないので以降削除)

 でもそれ、相手の奥さんにバレないの? と聞いたところ、お相手の既婚男性は奥様と別室で寝ているため、LINE通話をつけっぱなしにしても全然問題ないとのこと。ってことは、既婚男性が毎日帰るのは正妻の待つお家、でも「一緒に(LINE通話繋ぎながら)添い寝する」のは不倫女子ってこと?
ハ~~イそこの既婚女子! 今日から旦那とは同室で寝ようね! トイアンナとの約束だよ!

会ってみたら音信不通?思わぬリスク

 オンライン不倫の大きなメリットは「たとえ探偵が調べても不倫の証拠が出てこない」ことだそうです。確かに携帯さえロックできれば、現実で何もないので調べようがありません。ゆとり不倫女子……なんて恐ろしい子!(本連載2回目)

 思えばゆとり不倫ちゃんたちは、そこまで体の繋がりを求めていませんでした。愛があれば、添い寝さえできれば、ハグさえしてもらえれば…と寂しさを埋めあうだけの行為を法律では裁けません。今の不倫に法律は追いついていない、と確信するばかり。

 逆にオンライン不倫の大きな欠点は「会ってみたらファッションセンスがあまりにもなさすぎる」などの理由で幻滅することだそう。この不倫女子も昔別の男性に会ったところ、「クサイ」というオンラインでは決して分からない・でも致命的な欠点、を知ってしまって即LINEをブロックしたんだとか。それ、もはや男性は被害者なのでは……?

 以降、彼女は幻滅しないで恋愛を続けられる道、つまりネットだけの不倫を続けているんだって。よかった、世界は平和になったね。祈りの心境にたどり着いた私は軽やかなステップで自宅へ帰り、夫へ言いました。

「今日は同じ部屋で寝よっか?」

 ディナーもブランド物もいらない、シンプルに「つながり」を求めるゆとり不倫ちゃんは、相手に多くを求めないことで旦那様とも彼氏さんとも、平和な関係が続いているようでした。

 って、めでたしめでたし、じゃないんですけど!

☆個人情報保護のため、一部内容を編集しています。予めご了承ください。
☆次回はゆとり不倫ちゃん最終回「意外? アラサーよりも燃える修羅場」をご紹介します。

Text/トイアンナ

ライタープロフィール

トイアンナ
外資系OL。恋愛をザクザク分析するフェミニストのアラサーです。

今月の特集

AMのこぼれ話