• love
  • 2016.11.01

恋愛至上主義時代は終わった!「できないんじゃなくて、しない」処女童貞たち

「若者の○○離れ」は数多あるけれども、恋愛離れは上の世代からしたら特に不可思議な現象。ニクヨさんもまた、バーでお客さんと接するなかで処女童貞の人が増えているとの実感を持ったようです。モテなそうな感じがしないのに誰とも付き合ってない人が多い--そんな現状にニクヨさんが見出した三つの要因とは?

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 自由
by mislav-m

 お店に来てくださる若いお客様のなかで、処女童貞の方が増えている実感があります。
処女童貞でなくてもお付き合いしていない男女の割合は非常に高いです。
そういう状況を若者の草食化と言って嘆く人もいます。
でもそれは本当に、若者の気質だけの問題なのでしょうか。

 私が毎週土曜日に麗人として佇んでいるCampy!barは大都会新宿にあります。
お店には都会でもおかしくない格好をされたお客様がいらっしゃいます。
皆さまルックスも良く、モテなそうな感じはありません。
飲みに出て来るぐらいなので、それなりにコミュニケーションをとれる社交的な方が多いです。なのに多くの方々が恋愛をしていません。一体なぜなのでしょう。

 私はこのような現状の要因は三つあると思います。

恋愛至上主義の終焉

 一つ目の要因は社会が恋愛至上主義で無くなってきたこと。
私が中高生の頃はボーイミーツガールが当たり前で、皆カップルになるのが当然という強力な同調圧力が社会全体にかかっていました。
恥ずかしながら私も大学1年の頃、自分がゲイだとわかりながら、同調圧力に負けて女子に告白する寸前までいったことがあります。
結局、渡しませんでしたが、ラブレターまで書きました。
付き合ってからしたいことが全く浮かばず、直前になって世間体だけで付き合うことにうんざりしたからです。

 小6の頃からゲイだと自覚していた私ですら女の子と付き合うことを検討したほど、当時の恋愛強制圧力は凄かったんです。ハッキリ言うとハラスメントそのものでした。
当然、その圧力を受けて鬱憤を溜まらせた世代が大人になると、同調圧力を弱めようと働きかけますよね。

 そして恋愛への圧力がかからなくなった分、近頃は、一人でいる方が心地良いと言う人が多くなった。
これが、若い方が恋愛をしなくなった一番の要因だと思います。

お一人サステイナビリティの向上

 二つ目の要因は一人でいることがよりサステイナブル(持続可能)になったことです。
昔はリアルでしか人と繋がれませんでした。
でも今はネットやスマホで簡単に個人同士が繋がれます。
一人でいても寂しくないのです。
コンビニや一人ごはんのお店も増えて、自炊ができない人でも普通に一人暮らしできるようになりました。単身向け家電も充実してきましたね。
孤独に耐えられない、家事が出来ないという理由での結婚や恋愛も
だいぶ少なくなりました。

恋愛にブレーキをかける面倒な問題

 そして最後、三つ目の要因は、セクハラやストーカー問題が付き合うことを面倒にしているということです。
男女間の触れ合いについて、昔はもう少し社会が鷹揚でした。
でも今は、相手が受け入れ態勢であることがしっかり確認出来ないとセクハラになります。そりゃ奥手になりますよね。
さらにちょっとハマり過ぎるとストーカー呼ばわりされる世の中です。
知らず知らずのうちに、自分がストーカーになるなんて、誰でも嫌なことです。
恋愛にブレーキもかけますよ。
しかも恋愛以外にも面白いことがネットにはいっぱいあって、だったらそっち行きますわという気持ち、よくわかります。

 以上、三つの要因で、若者たちは恋愛しにくくなっていると私は分析します。
草食云々言うジジイババアの世代とは状況が違うのです。
だから私は、そういうことを棚に上げた若者批判はしたくないのです。

あがる恋愛適齢期

 で、そんな状況だけど、私は人と深く付き合うことは悪くないと考えます。
無理にとは言いませんし、異性でも同性でもどちらでも良いです。
プライベートで他人と深い仲になるというのは、自分が生まれた意味を知ることだと思います。
何故なら、他人という鏡を通してしか人は自分を知ることが出来ないからです。
それを性愛も含めた深いレベルで行うことはとても大切です。

 セクハラやストーカー問題など昔と比べて恋愛の障害が多いから、今はそんな障害に対処できるようになってから恋愛するようになっているんです。
つまり恋愛適齢期があがったのだと思っています。
だから、客観的に自分の状況を知って、対処法がわかってからいろいろトライしてみるのも良いかもしれませんね。

 私も客観視したらスッキリしたので、
41歳だけど恋愛をまた楽しんでみようかしら。
ふふふ。

Text/肉乃小路ニクヨ

次回は<宇多田ヒカルから藤圭子を知る 「好きな人」のルーツを辿る聖地巡礼のススメ>です。
ニクヨさんが藤圭子さんを知ったのは、9月にニューアルバム『Fantôme(ファントーム)』を出された宇多田ヒカルさんのデビュー後でした。好きな人のルーツを探るのは楽しいもの。中島みゆきさんと安住紳一郎さんの母校にフィールドワークしに行ったり……AM読者のみなさんもぜひ真似してみてはいかがでしょうか!

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装

今月の特集

AMのこぼれ話