• love
  • 2016.04.12

人に笑われるより自分が笑う人生を!自虐は卑屈のはじまり

「自虐」…これって、どこまで言っていいのか迷ったりしませんか?アイスブレイクのために使った自虐も笑ってもらえなかったら意味の無いものに…そんな、自虐についての考えを見直してみませんか?人に笑われるより、自分が笑う人生の方がずっとずっと大切なのかもしれません…

自虐はほどほどに

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女
©by Www.CourtneyCarmody.com/

 賢い人はみんなと打ち解けるのに、あえて自分の駄目なところを開示して、相手に心を開いてもらおうとします。

 私もそういうことはしますし、そういうことが出来ない人間は社会性がないなとも思いますが、たまに自虐をし過ぎてそれが止まらなくなってしまう人がいます。

 あなたの周りにもいませんか? 自虐が過ぎる人。
私もそういった時期もあったのでその気持ちはわかります。
自虐が過ぎる人はプライドが高い人です。
人に突っ込まれるのが怖いし、指摘されるのが悔しいから、自分で先に落としてしまう。

 笑いに変えたし、場の空気を和やかにしたし、突っ込まれないし、社会性を発揮できたし、それで良いでしょ、というのが自虐をし過ぎる人の論理です。

 でもね、私は思うのですが、予定調和的にその場を必要以上に和やかにすることはないのです。微妙な空気なら、微妙な空気を楽しめるくらいの気持ちの大きさを養う方がずっと大切です。

 そして、私はこれが一番良くないと思うのですが、自虐は卑屈と隣り合わせです。
自分の駄目なところを言うことで、その言霊が自分をさらに縛り、卑屈になるということがあります。

卑屈になると損をする

 卑屈な人間は長い目で見ると損をします。

 自分が駄目だ、自信が無いと思ってる人間に、何かを任せたい、楽しい時間を共有したいなんてことを思う人がいるでしょうか?
もちろんそういう方同士で傷の舐め合いをすることはそれなりに楽しいかもしれませんが、私にはあまり魅力的には映りません。

 根拠の無い自信かもしれないけど、自分はもっとできる、素敵な人になれる、美しさを持っていると思っている人の方が面白いし、良くなろうと工夫もしているので、知恵もつきます。

 私は女装歴20年、ショウガール歴も20年になるので、いろいろな女装を見てきましたが、その経験からしても、ブスというのを売りにした女装は寿命が短いです。
単純に笑いが取り易いので、宴会芸の延長でやっている女装はそこでブス女装に手を染めます。

 最初は自虐でみんなを楽しませているつもりが、笑われ者になっていると考え、人前に立つのが面倒になったり、怖くなります。
笑われなければ価値が無いのかと卑屈になり、そのうち、女装を勝手に辞めます。

私も卑屈なブス女装だった

 なんで、こんなにブスを売りにした女装の気持ちが解るかって?
私も最初はそうだったからです。

 以前にも書きましたが、私は女装を手段として始めました。
だから、自虐で笑いが取れる女装が手っ取り早かったのです。
イージカム、イージゴーで笑いはスグに取れましたが、卑屈への道もあっという間に開きました。
でも女装の奥深さ、ショウタイムの面白さは捨て難いものでした。

 だから、私はそんな自虐を強要されるような環境から距離を置くことにしたのです。
そんな私を孤高だとか、一匹狼だとか、ショウが難解でつまらないとかそう言う人もたくさんいましたが、私は私の本来の面白さや美しさを信じて続けました。
もちろん若気の至りで、技術が追いつかなかったこともありましたが、結果、今も女装とショウガールを続けています。

 もちろん自分を過信はしていませんし、天狗にもなりようが無いですが、そこそこ自信を持って生きています。

 仮に100歩譲って、いや、10000歩譲ってブスだったとしても、自分の美しさを信じて笑顔で進むブスと、笑われなければ価値が無いと卑屈になったブスと、どっちと友達になりたいかといったら、自分の美しさを信じるブスの方が遥かに魅力的ですし、自分もそうありたいと思っています。

 もしもあなたが卑屈になっていたら、もう自虐はやめにして良いですよ。
人に笑われるより、自分が笑う人生の方がずっとずっと大切です。
予定調和のその場限りの笑いなんて、どうでも良いことです。
そうは思いませんか?

Text/肉乃小路ニクヨ

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装

今月の特集

AMのこぼれ話