• love
  • 2017.02.07

恋愛にも仕事にも、勝つためにはライバルの少ないブルーオーシャンを進め

モテる男性ばかり好きになってしまい、いつもセフレ関係に終わる。仕事で高望みがやめられなくて、なかなか満足ができない。そんな人たちに勧めたいのはレッドオーシャンで戦うのをやめること。ちょっと年上の男性を狙えば、あるいはみんなしたがらないような仕事を選べば、その場所でなら勝つことができるのかもしれません。

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 LGBT ブルーオーシャン 負け レッドオーシャン プライド

 立春も過ぎましたね。
ようやく年も本格的にあけた気がして、そろそろ私もエンジンが入ってきましたよ。

 と、力んだところでいいことはありません。
冷静に努力の方向を考えなければすぐに空回りします。
よく、頑張ってるのにどうして結果が出ないのだろう?とか言ってる方いませんか。
その人は努力のやり方を間違えてるか、進む方向を間違えているのです。

 努力のやり方を間違えているなら、正しい方法を知っている人に教えてもらえば解決します。

進む方向を間違える方がキツイ

 問題は進む方向の間違いです。
例えば競争率の高い同世代のイケメンばかりを追いかけ
気がつくと便利な女になって自分をすり減らし続けていませんか?

 みんながやっているからとついうっかり競争レーンに並べられて、
気がつくと競争ばかりさせられて、
本当に自分の欲しかったものがわからなくなっていませんか?

 学校選びもそう、就職もそう、結婚もそう、
なまじポテンシャルがあったりするとうっかり勝ち続けてしまいますが、
気がつくと下からもイキのいい若い子が突き上げて来る。
上もアンチエイジングでなかなか席を譲らない。
そんな苦しい立ち位置にいませんか?

 もしそういう状況に自分がいると思ったら、
あなたはレッドオーシャンに迷いこんでしまっているのかもしれません。

レッドオーシャン・ブルーオーシャン

 レッドオーシャンというのは経済用語で
人気があって競争が激しいけど、新規に参入しやすい市場のことで、
コスト競争も限界に近いので、なかなか大きな利益があげられません。
まさに血で血を洗う闘いの海です。
競争というのはある程度は必要だと思いますが、あまりやり過ぎると自分を見失います。

 レッドオーシャンの反対語はブルーオーシャンで
あまりライバルがいなく、十分な利益を獲得しながら進むことの出来る市場のことです。
誰だってこっちの方が良いってわかっているんです。
でも、みんな、なかなか行けません。
それは人と違う方向に行くことが怖いからです。
人と違うことをして、平気だろうか?大丈夫だろうか?と思う人が多いのです。

 例えば恋愛について、
もしもラッキーにもあまり同世代との恋愛に興味が無い場合、
年上の相手を見つけて、付き合ってみるのも一つの方法です。
相手が年上になる程、ライバルは少なくなります。
ジジイとの肉体関係とか生理的に無理とかいうなら目を閉じてマグロで良いと思います。
年下だから許される特権です。
肝心なのは相手の経済力と人脈、サービス精神。
それがある相手ならばつまらない交際にはなりません。
交際を通じて年上の良いところを吸収し、知識を吸収します。
そうすると仮に恋愛が終わってしまっても、沢山の収穫や武器を手に入れられています。

 例えば仕事について、
人がやりたがらない所で、自分が得意なこと、やれば時間当たりの給料を上げ続けることができそうなことはないか、とにかく考えてみることです。
ライバルは少ない方が勝ち易いです。
仕事で大事なのは小さな勝利を積み重ねて行くこと。
よく見るとあなたの周りにも小規模だけど勝ち続けて適正に利益を上げている会社はあるはずです。
その勝ちパターンを吸収すれば、仮にその仕事が終わってしまっても、沢山の収穫や武器が手に入れられます。

できる子ほどレッドオーシャンにハマる

 とかくエリートと呼ばれる人はなまじレッドオーシャンでの成功体験があるだけに、その成功体験にしがみつきズブズブ闘い続けます。
昔は花形産業だと思ってた業界がとっくに斜陽になっても
能力があるだけに闘い続けて年ばかり取ってしまったおじさん、いますよね。
もしかしたらそれは未来のあなたかもしれません。
現状に少し疲れているならば、今、自分はどんな海を泳いでいるのか、ちょっと想像してみると良いかもしれません。


Text/肉乃小路ニクヨ

次回は <ネットリテラシーってなんですの?フェイクニュースに騙されない処世術>です。
キュレーションメディアの騒動が起こったように、たくさんの人が信じているからその情報が正しいとは限らないのが現在の状況。だからこそネットだけに限らずリテラシーを見に付け、そしてひとりぼっちで考えないことで正しくない情報から身を守って生きましょう。

童貞の疑問を解決する本

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装
今月の特集

AMのこぼれ話