挿入のタイミングは?

最初に紹介した性典物よりも解説が細かくなり、指弄後にいつのタイミングで男根を挿入したらよいのかも書かれている。

春画 月岡雪鼎《艶道日夜女宝記(びどうにちやにょほうき)》

ちなみに挿入時の触り方も紹介されている。
上図のように、陰唇の上部分(クリトリスあたり)を刺激するとどんな女性でも気持ち良くなるそうだ。

誤解のないようにお伝えすると、江戸期の性典物で何度も登場する「子つぼ」は「子宮」と漢字表記する。しかし、わたしたちが認識している子宮とは少し認識が異なる。

春画 月岡雪鼎《艶道日夜女宝記(びどうにちやにょほうき)》

妊娠する方法として、この「子つぼ」部分に男根の鈴口が向かうことでできると書かれいる。交合の極意は「穴と穴を合わせる」ことにあると記載されており、上図で男根の穴と子つぼの穴が合わさるように書かれているのだろう。

女性が気持ち良くなり玉門が潤いだすとこの子つぼが張り出し、男根の穴と合わせることができる。子どもを授かるためには女性に気持ち良くなってもらうことが必要なので、互いが気持ち良くなるための数々の性具等が性典物の中で紹介されていると推測できる。
妊娠についてだが、もちろん「楽しむための交合」と「子どもを授かるための交合」を区別して記述している書物もある。しかし、その交合の目的をたどっていくと、子孫を繁栄させるためという目的が存在していることが分かる。

自分の祖先を辿っていくと、「もしかしたら私のご先祖様も、いま私が読んでいる性典物を読んでいたかもしれない。」と、そんなことを考えるときがある。その結果、わたしたちが生まれてきたのかもしれない。春画や性典物をみて、そんなことをふと考えてしまうのだ。

「くじり」のためのこんな道具もある!

春画 月岡雪鼎《艶道日夜女宝記(びどうにちやにょほうき)》

中央の黒っぽい男根型の道具は指に装着する「くじり」と呼ばれる道具である。

小さい張形である。(張形とは現代のディルドのような性具である)使い方は、湯でくじりを温め指につけて穴の上側を刺激する。

図のように膣を刺激するのだが、べっ甲や水牛の角を彫り作製されるため、指ほどの柔らかさや弾力はない。しかし指で直接性器を触らないので、もしかしたら爪で傷がつくことはないし便利なのでは? と思った。

このくじりという道具の実物を以前見せてもらったことがあるのだが、形状や模様は上の絵とそっくりである。外側に凹凸があり、このデコボコがうまく性器の中を刺激してくれるのだろう。

春画 歌川国盛二代《春色入船日記(しゅんしょくいりふねにっき)》

今回は、江戸期の指弄の方法をご紹介しましたが、共感できる部分はありましたか?

余談だが、当時の本を読んでも「潮の吹かせ方」の掲載は見かけたことがない
稀にSNSで「潮を吹かせている春画がある」などの書き込みを見つけるのだが、詞書や研究者の解題を読むと、股の中から金の仏の光が漏れている光景であり、潮ではないことがわかる。

春画 歌川国貞《泉湯新話(せんとうしんわ)》探していた金仏がお股の中に!

現代のように勢いよく潮を吹くなどの派手な描写は江戸期のもので見かけず、指弄は女性を気持ち良くして性器をうまく濡らし、挿入に導くためであることがわかる。

春画 歌川国盛二代《春色入船日記(しゅんしょくいりふねにっき)》

ちなみに本文で登場した「美快液」は「陰水」などとも言われ、上図のように白く大量に流れだす描写は存在する。

時が経つにつれセックスのハウツーは変化していくのだが、「相手に気持ちよくなってもらいたい」の気持ちは変わらないのですね。

Text/春画―ル

前後の連載記事