巨根以外の男性は?

 むろん、股間に自信があるわけではなくとも、性欲がおさえきれずすぐ誘ってくる男性も存在します。しかし彼らは、ヤリマンには声をかけません。なぜなら股間に自信のない短小男性にとって、ヤリマンは「怖い存在」だから。

 数多くの男根を見てきたヤリマンは、短小な俺を心の中で嘲笑うであろう……そんなふうに考えると、恐ろしくて声がかけられないのです。なので、股間に自信がないにも関わらず、性欲がおさえきれずすぐ誘ってくる短小男性は、ヤリマンではなくサセ子に声をかけるのでしょう。

 尚、数多くの男根を見てきたからといって、ヤリマンが短小男性を嘲笑うことはないですよ。こっちとて、叶姉妹のような乳や尻をしているわけではないので。お互い様ってやつですね。

 そう、ヤリマンは決して、乳や尻に自信があるからヤリマンになるわけではなく。性欲がおさえきれないのでヤリマンになるのであって。なので、股間に自信がないにも関わらず、性欲がおさえきれずすぐ誘ってくる短小男性の気持ちがよーくわかるのです。

 話を戻しましょう。必然的に巨根男性と遭遇してばかりのヤリマン女性は、ヤリマン活動がますます加速化していくことになります。そりゃそうですよね、巨根とのセックスは、オンナとして生を受けた醍醐味を存分に味わうことができるので。どんどん場数を踏みたくなるのは当然のこと。こうして、ヤリマン道を極めてゆくことになるのです。

 というわけで、いま現在、ヤリマン道をひた走っている皆様! 「ぜんぶ雪のせいだ」ならぬ「ぜんぶ巨根のせいだ」ってことにしちゃいましょう。引き続きヤリマン道を突き進んでいってくださいね。

Text/菊池美佳子

次回は <「ヤバい人」との遭遇はヤリマンの宿命?見分け方よりも対策で安心セックスライフ>です。
セックスライフを楽しみたい!という素敵ビッチな方でも、性病を持ってたり財布から金を盗ったりするヤバい人には出会いたくないのは当然の心理。危険な男の見分け方を知りたいところですが、対策を練ったほうが安全かもしれません!

前後の連載記事