菊池美佳子のオトコを甘やかすな!

昔はパイパンがめずらしかった!?「10年後のセックスの常識」を大予想!

脱毛サロンでVIOを処理するとき、いまでは全部つるっといってしまうハイジニーナも選択肢に入ってきます。永久脱毛はせずともブラジリアンワックスで処理済の女性も多い昨今ですが、10年前には婦人科医ですら驚くほどの珍しい事象でした。ではもしかすると10年後のセックス事情は驚くほど変化しているのかも?

パイパンがめずらしかった時代

菊池美佳子 セックス パイパン 剃毛 未来 性的 価値観 変化

 3月に入りました。3月といえば、私事で恐縮ですが、筆者のMy Birthdayでございます(因みに17日。プレゼントの宛先はAM編集部まで。住所は東京都渋谷区……というのはアメリケンジョークで!)。来週末にはとうとう40の大台に乗る筆者。「40の大台」と書きましたが、20代のお嬢さん方にとっては、おそらく30歳が大台なのでしょう。

 良い節目ということで、30歳だった10年前を振り返ってみたのですが、10年前といまでは、世間の「陰毛」に対する価値観が真逆になったことに気付きました。というわけで、3月1発目のテーマは「陰毛」です。よろしくお付き合いくださいませ。

 10年前の筆者は、世田谷区内にそそり勃つ……じゃなくてそびえ立つ某・高級マンションのフロントにて、コンシェルジュの仕事に従事していました。キャビンアテンダントのような制服を着て、「お帰りなさいませ、○○様」「○○様、お迎えのタクシーが参りました」などの業務をこなしていた頃は、まさか10年後の自分がAMでSEXコラムを書いているとは思いもせず……って話よりも! 
 
 この職場で受けたパワハラが原因と思しき、胃腸炎を発症した筆者。胃腸炎は、それまでも何度か経験していたため、「ああ、この症状は胃腸炎だ」とドンピシャで自覚したのですが、筆者を診察した胃腸科医がよほどのヤブだったのか、「こんなにも腹が痛むとは、婦人科系の病気に違いない!」と、婦人科へ回されまして。紆余曲折を経て、パンツを脱ぎ視診されることになったのですが、婦人科医の第一声はナント!
「陰毛を全除去しているようですが……?」
婦人科医の率直な問いに対し、イチオウ「水着を着るときのために処理しています」と答えましたが、これっていまどきの婦人科じゃありえないやりとりですよね。
 
 何が言いたいのかと申しますと、患者の股を見慣れているであろう婦人科医にとっても、パイパンは相当お珍しかったご時世というわけです。銭湯や温泉に行っても、オバアチャン世代はおろか、同年代からも奇異の目で見られることがしょっちゅうでした。女友達にパイパンの話をしても、「銭湯や温泉で恥ずかしくないのか?」と、首を傾げられた記憶があります。
 
 それがいまでは、パイパンはちっとも恥ずかしくない時代です。銭湯や温泉に行っても、奇異の目で見られることは皆無! それどころか、エステ業界やブラジリアンワックス業界の企業努力もあり、むしろ「パイパン=婦女子にとって当たり前のボディケア」と、その地位は格上げされつつあります。