「挿入はよ」なんてとんでもない!ヤリマン冥利につきる神対応なセックスとは

 2015年も、残すところあと数日となりました。
皆様、セックス納めはいかがでしたか?
「終わり良ければ総て良し」という言葉がございます。
今年の初セックスがクソみたいな内容だったとしても(注:スカトロジーという意味ではございません)、ファイナルセックスが素晴らしいものであれば、気持ち良く2016年を迎えられることでしょう。 そんなこんなで今週のお題は、「スカトロジー」です……ではなく!
年末年始とは全く関係ないのですが、「神対応」なセックスについて考えたいと思います。
よろしくお付き合いくださいませ。

運の配当を「セックス」使い尽くした!?

菊池美佳子 セックス ヤリチン セフレ
©yunguyen666

 神対応って、元々は「神様のようにパーフェクトなクレーム対応」を意味する言葉らしいですね。
そこから派生して、最近では、マスコミやファンに対してサービス精神旺盛な芸能人の立ち居振る舞いも「神対応」と言われるようになりました。
ここでは、クレーム云々はさておき、「神様のようにパーフェクトな振る舞い」を神対応とさせて頂きます。
ご了承ください。

 筆者が思うに、恋愛感情のないセックスでも、相手男性の立ち居振る舞いが神対応であれば、そこに不満は生じないはずだと。
筆者が17年もヤリマン活動を続けてこられたのは、神対応なセックスをしてくださる殿方ばかりだったからだと思っております。
前々連載【とある夜の教訓】には、神というよりは、むしろゴミのような野郎とのセックスヒストリーを綴ってきましたが、彼らはごく一部!
これまでカラダを重ねてきた殿方のほとんどは、「ネタとして書くなんてとんでもない」「むしろ、思い出としてココロに秘めておきたい」と思えるような、神対応なセックスができるジェントルマンばかりでした。
要するに、当たりクジばかり引いてきたわけです。
運が良かったってことなのでしょう。

 人間の「運」って、うまいこと配当が決まっているように感じることがあります。
たとえば筆者は、学生時代のバイト運には、とことんツキがないタイプでした。
ラーメン屋だろうと牛丼屋だろうとカラオケボックスだろうと、筆者がセレクトするバイト先は、なぜか激務なのです。
バイト運がやたら良く、どんなバイト先を選ぼうとも、ラクな仕事ばかりに当たる人もいるのに……不思議ですよね。
バイト運が悪いぶん、神様が「セックス運は良くしてやろう」と思ってくれたのかもしれません。
短小などの粗チンにも遭遇したことがないですし。