彼の元気がないときにオススメ!最大の焦らし「玉攻め」3ステップ

ラ・コビルナ 女性向け セックス 大人 舌 攻め 愛撫
©by littledotred

 こんにちは、ラ・コビルナスタッフのアンヌです。
突然ですが、皆さんは普段“玉”って攻めますか?
わたしは大好きで、よく攻めます!
稀に感じない人もいるという“玉”をなぜ攻めるかというと、最大の焦らしプレイになり、互いの気分が盛り上がるからです。
気分が盛り上がれば、おじさまのちょっぴり元気の無いアソコがムクムクと大きくなる事も!
今回は、そんな“玉攻め”についてのテクニックをご紹介します。

ファーストステップは「優しく引っ掻く」

 玉を攻める時には、その後に行うフェラへの期待感や興奮を覚えてもらう為にも、じっくりと時間を掛けて攻めていく気持ちを常に持ちましょう。
まずはキスをしている時や、乳首や耳を舐めている時に玉へと手を伸ばし、揉むのではなく皮を爪のみでゆっくりと優しく引っ掻いてみて下さい。 焦らす気持ちで行うので、触れるか触れないかの力加減でやる事がポイントです!
難しいなと思ったら、自分の掌でお試しを。
この時に自分が少しくすぐったいかも?と思うくらいが、玉を触れる時にはピッタリ。
しかもこの方法、玉は感じないという方でも「これだけは感じる」という方もいるのです!