素敵ビッチのたのしい性活

エロい体は作れる!セックスでイケる人がやってる週4のエロ活

大好きな彼とのセックスなのに、どうして私はイけないの?そんな悩みをもった女性は多いはず。ベッツィーさんが女の子のイきやすい体づくりの秘密を教えてくれちゃいます。もっともっと感じやすい体になって、彼とのセックスを楽しみませんか?

エロに反応しやすい体作り

sex セックス 悩み イく お尻 ヒップ 女の子 オナニー イきやすい 体
by Pexels

 イクためにはどうすればいいのか…という内容のコラムをもう何度も書いてきたんですけど、「イケません!どうしたらいいですか?」というお悩みはは一向になくなりません。


 改めて言いますが、イクために絶対不可欠なのはセックス経験よりオナニー! です。私は週4のエロ活を推奨しています。と言っても週4で股間を弄らないといけないということではないんです。
クリトリスでイクには週4のオナニーから!エロに反応しやすい体作りのコツでも書きましたが、まずはエロいものに脳と体が反応する習慣づけから始めます。エッチな漫画、小説、動画、または過去のセックスの思い出など、エロい! 濡れる! と思えるような、自分のツボにハマるネタを探し、それに体が反応して濡れるという習慣を身につけてから、性感帯を探してオーガズム力を高めていくのがエロ活です。

 このエロ活をすることで、2つの能力が手に入ります。それが「記憶再生力」と「共感力」。

 「記憶再生力」とは、文字通り、過去のセックスやオナニーで経験した脳の興奮や体で感じた快感を記憶して脳内で再生する能力のことです。「あの時のセックスよかったな…」と思い出して下腹部が熱くなるアレです。

 そして「共感力」とは、気持ちよさそうにしている人を見たり想像したりして、その人が感じているであろう興奮や快感に共感する能力です。
フェラや手コキをしている時に男性の亀頭までカチカチになったり、男性が思わず声を漏らしたりするのを見て濡れることってありませんか? それは相手が感じていることに共感しているためです。挿入中に女性が「イキそう…イク、イク」と言うと、それにつられて男性もイクことがありますが、それも共感です。

 セックスやオナニーでイケる人って、これらの能力を無意識に活かして、体の感覚と脳の興奮をリンクさせることでオーガズムを得やすくしていると思うんです。


 では、どうすれば、「記憶再生力」と「共感力」を鍛えることができるのか。次のページでは、具体的なトレーニング方法をみていきましょう。

カレに激しく求められて…