濡れた体に透ける下着…濡れフェチが目覚める、梅雨のおすすめAV

 梅雨ですね。あまり傘を持たない私は、一日に二回雨に降られたりしています。

 洗濯物が乾かなかったり、気分が落ち込んだりする梅雨ですが、世の中には水に濡れることで性的な興奮を得るというフェティシズムもあって、悪いことばかりじゃないんですね。

 あ、別にそれで傘を持ち歩いてないわけではないですよ。いや、ほんとに。

雨に降られるたび、見知らぬ男に犯される美女

姫乃たま 極選AVラボ びしょ濡れ 水沢のの
『とおり雨 ~しとどに濡れる秘肉~ 水沢のの』

 突然の豪雨に雨宿りする美女。古民家の屋根の下に逃げ込んだ彼女の衣服は、雨で体に張り付き、下着だけでなく体全体のラインがはっきりと浮き出ていました。
雨の日の思わぬ光景に、理性を忘れて彼女を犯す男。半裸のまま立ちバックで犯し、縁側にもつれ込んで、騎乗位になって貪りあいます。揺れる、濡れた髪。

 古民家の雰囲気も相まって、とても官能的な映像です。しかし、撮影日は快晴(多分)。悲しいかな空がとても明るい…。それを打ち消すべく、ゲリラ豪雨のように過剰な雨を降らせます。
つい、そこまで降るかな…と思ってしますが、人間一年経つと、冬の寒さも、夏の暑さも忘れてしまうものです。実際に梅雨になってみて思うのは、そこまで降るかな…と思うくらい雨が降るってことです。

 そうして彼女はいたるところで雨に降られ、そのたびに透けた衣服が男たちを刺激して、あらゆる場所で犯されます。たとえば、ランニング中。そして工事現場で。
息を切らして走る彼女へ、男が徐々に並走してきて、やがてベンチで犯されます。タンクトップのわきから男根を差し込み、よだれが垂れるほど彼女の口へねじ込むのです。工事現場では、倉庫に置き去りにされたソファで、作業員とゲリラ豪雨の中、セックスをしました。

 ここまで毎回セックスをしていると、雨が降っただけで外出を控えそうですが、もしかしたら期待しているのかも…と思ったら、ますます変態性が高まる一作です。
どのセックスも全裸にならず、最後まで着衣なのがウェットフェチにもありがたい。
サンプル動画を見る