奥谷まゆみのおんなのカラダ道

本当の性欲を感じて幸せに!卵巣ホルモンを元気にする秘訣は目の使い方

目の使い方で卵胞ホルモンが元気になる!女性の生き方に関わってくる大切な話

第51回 本物の性欲を感じよう!卵胞ホルモンを元気にする体の使い方

奥谷まゆみ おんなのカラダ道
Mateus Lunardi Dutra


 いつでもムラムラ、エロエロよりも、月に一度の胸キュン女子のほうが、オンナヂカラがあるかも!?という大どんでん返しの卵巣特集
体を観てもそう思うし、卵胞ホルモンの働きから考えても、まず間違いなさそうなの。

 女性をイキイキきれいにして、オスを引き寄せる魅力を高めてくれる、卵胞ホルモンを元気にする秘訣は、何よりもキュンキュン
キュンキュンくる刺激を、ドラマでも、小説でもいいから受ける。 ムラムラさせるエロ小説やアダルトDVDではないよ。

 月一回のホンモノの性欲では、「オナニーしたい」とはまず思わないはず。
だって、性欲を解消したいわけではなくて、遺伝子が欲しいんだもん。

 そしてもう少し言うと、オナニーをしたからって、いいオンナになるために何か開発されるわけではないの。卵胞ホルモンとは何の関係もないしね。

 彼とのSEXを良くするために、オナニーでトレーニング!って思っている人も多いみたいだけど、イケる体には、柔らかく温かい子宮作りが大切。
そこらへんを知りたい人は、「子宮特集」をもう一度読んでみてね!

 でも、エロエロやムラムラやオナニーがダメって言ってるわけじゃないよ!
卵胞ホルモンとは関係ない、というだけ。エロエロもムラムラもオナニーも楽しんでね!