アソコが吸われる…!時々起こる「なんかすごいセックス」の再現方法は

絶頂してる女性の画像by John Rocha

アソコが吸った!?再現したい

今週も読者の方の質問にお答えします!

だいぶ前のセックスで、彼のものが奥に入った時に彼が「吸われた!やばい!」と気持ちよさそうに言っていました。私の方もなんだか吸った感じがあったので再現してみたいと思うのですが、生理前や排卵日前など色んなタイミングや締め方を変えてみましたが再現できません。再現しやすい方法はありますか?知恵袋などで調べると「亀頭が噛まれる」という表現もあるそうですが、結局あの時の一回しか経験できていません。

どこか膣の奥の方の狭いところに亀頭が食い込んでいる感覚になって、こっちは「えっ!何そこピンポイントで気持ちいい!しゅごいしゅごい!」ってなるし、相手も「あっ、ハマった!」「吸われた!」ってなって、そこを狙った小刻みのピストンを続けられなくなり、果てた後に「今のは一体何?」ってなるアレですね。

『秘密の小部屋』に入るには

一部の人がインターネットなどで「それは女性がイキまくった時に子宮口に亀頭が入り込む”ウテルスセックス”だ!」とか言っているのを見かけますが、子宮口に亀頭が入り込むことはありません。生理の周期によっては子宮口が若干柔らかくなるタイミングはありますが、それでも亀頭が入るほどではありません。そもそも、膣と子宮に角度がついているので、子宮口がこんにゃくくらいに柔らかくなったとしても、ちんこが思いっきり曲がらない限り入らないし、もしも子宮口にちんこが入ったとしたら、バイキンも入って後から大変なことになると思います。

ではアレは何なのかというと、色んな好条件が重なった時に偶然できるやつ、です。私はよく『秘密の小部屋に入った』って言っています。”秘密の小部屋”とかちょっとバカっぽいですけど、20歳くらいの時に命名したので勘弁してください。

その”秘密の小部屋”って、同じ相手と同じ体位で再現しようと思ってもいつでも入れるわけじゃないんですよね。生理の周期による子宮口の位置や硬さ、オーガズムに近づいてきた時の膣の形などによるのかもしれませんが、子宮口の側にいい感じに亀頭がハマり込んでいる感覚になった時に、”秘密の小部屋に入った!”と感じます。

”秘密の小部屋”に入る確率の高い人とセックスしていた時は、角度を調節しやすいように、腰の下に畳んだバスタオルを敷いて、高さを調節していました。あとは、大きなピストンよりも深く挿入したまま小刻みのピストンを続けた方が入りやすかったので試してみてください。