素敵ビッチのたのしい性活

快感がスーッと逃げていく…うつ伏せでしかイケない女子は、どうすればいいんだ

オナニーやセックスで快感を味わう時、好きな体位はありますか?「私の鉄板はコレ!」というモノは少なからず誰しもが持っているかと思います。しかし、長年の経験による快感の蓄積により「この体位じゃないとイケない!」なんてことになってしまうことも。そんな時の対処方法を今週は取り上げます。

今週も読者の方からの質問にお答えします!
(※内容は一部修正しています。質問はこちらのフォームからどうぞ!)

うつ伏せじゃないとイケない

 セックスやオナニーをするときに、うつ伏せに近い形じゃないといけません。
イクと思っても、スーっと快感がひいてしまいます。 どうすればいいのでしょうか。

Betsy 素敵ビッチ 体位 うつ伏せ イク
by CC0 License

 詳しくは書かれていませんが、おそらくうつ伏せになって男性が上に乗っかる寝バックと、うつ伏せの状態で手を使ってするオナニーのことでしょうか。その前提で進めていきますね。

 まず、うつ伏せでのセックスですが、この体勢で後ろから挿入されると、膣の向きが水平よりやや下向きになり、対して竿は上を向いているので、出し入れをされるたびに会陰や膣の直腸側に刺激を得られます。また、正常位などの脚を大きく開く体位に比べると膣も狭くなり、挿入される感触をより感じやすくなります。

 更に、ピストンの動きに合わせて自分で腰を動かすと、恥丘がリズミカルに圧迫されるので、間接的にクリトリスも刺激されるため、女性がイキやすくなる体位の一つとされています。また、男性にとっても膣内の感覚を強く味わえる体位だといえます。

 それに個人的な感想なんですけど、うつ伏せになると何故か安心できる気がするんです。寝バックで男性に覆いかぶされると、ベッドとの間に体が挟まれて、安心と興奮を同時に感じられる気がします。きっとセックス中の快感を上昇させるスパイスみたいなものなんですよね。

 うつ伏せオナニーも同じなんですけど、肉体的にも精神的にも、イキやすい要素の多い体勢なんだと思います。