Gスポットの定義

 中イキの話が出たので、ついでにGスポットについてもう少し詳しく話します。

【Gスポット】膣の中のお腹側にあり、入り口から3~5センチほどの場所にあります。指で擦っているとざらざらしたような感触に変わり、指で押すとその一帯だけ厚みがあります。

 Gスポットは1950年にその存在がドイツ人産婦人科医によって初めて医学的に発表されましたが、2008年には、「Gスポットは存在するが、全ての人に備わっているわけではない」とイギリスの科学雑誌が発表。
さらに、2010年には「Gスポットは存在しない。Gスポットでイッていると思っているのも実はクリイキだ」というような内容が発表されたそうです。

 つまり、未だに「Gスポットが存在するのかどうか」医学的に分かっていないんですよ。

 もうGスポットがあるのかどうかなんてどうでもいいですよ。Gスポットと呼ばれる場所あたりを刺激したらキモチイイし、イクこともある。これだけです。
彼女の言葉を信じて、もしそれでも気になるようであれば、コミュニケーションが上手くとれる環境作りをして、楽しいセックスライフを送ってくださいね。

 また、今まであんまり膣内での気持ちよさが分からなくて、「私にはGスポットがないからかも…」と思っている人は、そう決めつけず、「きもちよくなあれ!」と念じながら撫でてみてはいかがでしょうか。
もしかしたら、あなたにあったキモチイイ場所が見つかるかもしれませんよ。

 次回は、「淫乱女子に変身!男性がゾクゾクするエロい襲い方」をお届けします。

<Betsyさんへの質問はこちらから>

Text/Betsy

前後の連載記事