三十路で処女は4人に1人!何歳まで「やらみそ人生」歩むべき?/AVメーカー勤務処女の性事情(4)

今回取材に応じてくれたのはAVメーカー『GIRL'S CH』勤務の服部さん。アダルト系の会社に勤める彼女は実は処女!どうしてそんな彼女がエロ業界に!?そして何歳まで「やらみそ人生」を歩んだらいいのか?

 AVメーカー勤務というメチャメチャ性にオープンそうな環境にいるのに、男性経験がなく、セックス方面は至って淡白そうな服部さん。
「こんな女性がどうしてエロ業界に!?」と最初は狐につままれたような気分だったのですが、話を聞いているうちにある思いがわいてきました。

 それは「彼女こそ、私がこのインタビューを始める前に私が勝手に想像していた“今どきの高齢処女像”なんじゃないか」ということ。

服部さんのインタビューはこちら!

たまたまそういう機会がなかった「やらみそ女子」

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
Kevin Ryder

 セックス経験のないまま三十路を迎える、いわゆる「やらみそ女」は一説によると4人に1人。けっこうな割合です。ものすごくブサイクだとか根深いコンプレックスを抱いているとかいう人も中にはいるでしょうが、普通に考えたら、そういう特別な理由がないのに処女だって人のほうが多いはず。

 じゃあ、どうして彼女たちは「やらみそ女」になったんでしょう。
「たまたまそういう機会がなかったから」っていうパターンが一番多いんじゃないかと思うんですよね。

 男の子と仲良くなる機会がなかった。
熱にうかされるように誰かを好きになる機会がなかった。
「早くセックスを経験したい」と思う機会がなかった。
服部さんは魅力的な女性だったし、24歳でまだ“高齢処女”と呼ぶには若すぎる年齢ですが、そんな雰囲気を漂わせていました。

 本文には載せられなかったのですが、会話の中で彼女はこんなことも言っておりました。

*************************************
服部: どこか出掛けるときも、つい女の子がたくさんいるほうに行っちゃうんですよ。高校はほぼ女子クラスだったし、大学も女の子ばっかりでつるんでたし……今の会社もAVメーカーだから男性が多いんだけど、今いる女性向けサイトの部署は女性が多い。女性っぽいものというか、女子校チックな雰囲気に惹かれる傾向はありますよね。

――性的な嗜好は対男性でも、そのほかの部分では女子のほうが好きなんじゃない?

服部: そうかもしれないです。
************************************

 男性よりも女性といるほうが楽しいというのは、全然おかしいことじゃありません。かくいう私ももう少し若い頃は、何考えてるかわからない男性より、興味の方向が同じな女子同士でつるむのが最高だと思ってました。(今はいい具合に心臓に毛が生えてきて、男性とも楽しく飲めますが……)
肉食女子が増える一方で、こういうゆとりタイプも着々と増えている気がします。

 男性アイドルのファン仲間と熱くなる場を共有した楽しさが、今の仕事につながっているという服部さん。
「女性が観づらいアダルト動画を、女性同士でキャーキャー言いながら観てほしい」という願いが叶いますように。私も一女子として、応援しています。