Loading...

「嫉妬心を抑えきれないから離婚したい…」嫉妬の原因は相手に期待をしているから

夫への嫉妬心を抑えきれない

肉乃小路ニクヨ お悩み相談 画像
by Priscilla Du Preez

夫を好きという気持ちが大きすぎて辛く、このまま結婚生活を送るのが困難です。こんな理由で離婚を考えてしまいますが、これは間違いでしょうか? 夫が他の女性を見たり話したりするだけで嫌な気持ちになり、彼が過去に他の方を好きだったという事実すらも気分が沈みます。
そんな中、先日夫が女性と連絡先を交換したことを知りました。仕事の付き合いでキャバクラに行った時のキャバ嬢と友達の奥さんだそうです。奥さんに関しては友達が連絡をとりづらくなるときがあるので聞いておいた、と言っています。また、世間では仕事の付き合いでキャバクラに行くことがまだあることは知っています。キャバ嬢の連絡先も既にブロックされていたので、連絡を取り合っているわけでもないと思います。それでも、私はそのような場で女性と話したことが許せません。それに夫は自営業で数日帰らないことも多く、その度に疑ってしまいます。
前にも前述のようなことで揉め、離婚しようとして結局思い留まりましたが、今回は「嫌がると思ったので隠した」と言われ、余計に不信感が高まりました。夫は離婚したくないとは言いつつも私に疲れていることは明らかです。私が顔を見たくないと言ったら夫は「じゃあ仕事をします」と言って帰ってこなくなり、1週間経ちます。私も今の家に一人でいるのが辛いので出て行くつもりです。このまま離婚するのはとても悲しいですが、こんな私の性格や考え方で、夫婦・家族として現実的で安定した生活を営むのは今後難しく、今が離婚し時なのかなと思います。他の方にとっては確実に「何を言ってるんだ」と思われるでしょうから、ここで相談させてください。(32歳・女性)

一刻も早く受診をしてください

ご相談ありがとうございます。今回の内容に関しては私の相談で解決できる範疇を超えています。私は専門家でないので、ハッキリしたことは言えないのですが、調べるとあなたは「嫉妬妄想」の「夫婦妄想」という症状ではないかと思われます。一刻も早くメンタルヘルスに関わるクリニックを受診されることをオススメします。メンタルクリニックに行くことは恥ずかしいことではありません。私も受診したことがあります。良い薬もあって処方されると改善されることが多いです。どうか躊躇せずに受診することをオススメします。

あなたはまずお医者様に診ていただいて、アドバイスを受けた方が良いですが、今日は症状の軽いもう少し一般的な嫉妬についてお話をします。

敵はいつだって自らの内にいる

今、私は「ローマ人の物語」という本を、読書会をしながら読み進めているのですが、ユリウス・カエサルというローマの英雄のところを読んで、著者の塩野七生先生の言葉で深く沁みいった言葉があります。

「しかし、人間誰でも金で買えるとは、自分自身も金で買われる可能性を内包する人のみが考えることである。非難とは、非難される側より非難する側を映し出すことが多い。」塩野 七生. ユリウス・カエサル ルビコン以前──ローマ人の物語IV より

嫉妬も同じようなものだと私は思います。つまり大抵の場合、相手の浮気を強く非難する人は自分自身が本来浮気症で、油断すると自分がやってしまうかもしれないという気持ちがあるからこそ非難をするのです。敵はいつだって外にではなく、内側にあるのです。だからこそ自分の疾患に気が付き、自分の手に負えないと思ったら、一刻も早く専門家の治療が必要なのです。

前後の連載記事