ダーリンは筋肉ゴリラ

10年前のイケオジな元カレと会ってきたエモい話

元鈴木さんが、10年前に付き合っていたイケてるオジさんと再会することに。「あのとき4股してたんだよね!」といった昔話もそこそこに、「相変わらず若い子と付き合ってんの?」と聞いてみると、衝撃の答えが!

ダンディなイケオジと握手する女性の画像 by rawpixel.com

 先日、担当の弁護士との面談時のことだった。

「そういえば、今度10年前に付き合っていた人の結婚式に出るんです」
と180cmの長身かつ世に言うイケメンな彼は言った。

 成長を見てやるし見せてやるって思います(笑)と語る彼と、「いやー10年はエモいですねぇ…」と言い合った。

 私も最近、10年前に付き合っていた人と同窓会をする機会があった。
なので彼の10年のエモさが分かるような気がした。

 今でこそ落ち着き払った人妻だが、10年前の私はとんでもないクズだったので、エモさもひとしおだったのだ。

4股していた私

元鈴木さんとゴリラが食事をしている画像 落ち着いた人妻元鈴木

 当時、私は齢20にして4〜5股をこなしていた。
(細かいのを含めたら6股だったかもしれないがもう数えるのをやめた。)

 なぜそんなに沢山の男がいたかといえば、性的衝動を我慢できなかったことが理由として大きかった。
初めてのデートは、3杯目のカルーアミルクを飲んでいる頃に「絶対に今日はおまえの中身を見てやるぞ!」という謎の闘志が燃え上がってくるのがお決まりだった。

 思い出してみれば、その時期の私は、全員最初のデートで巧みにベッドまで誘い込んでいた。

 突撃!隣の晩ごはんの勢いで気軽にお宅訪問していた自分に、我ながら呆れるばかりである。

 そういった背景もあり、「みんな付き合うなんて言ったけど、誰も私なんかのことまじめに考えてないだろうなぁ〜」と思っていた。

 よし!ならいっそのことローテーションでまわしてくか!と開き直り、次第に『彼氏』という存在が1人また2人と増えていった結果が4股なのだった。

 クズ以外に、もはやなんと形容したら良いのか分からない。

 そんな調子だったので『まともに付き合った男』と呼べるのは、夫のゴリラ以外には後に出てくる明大ラグビー部くらいしかいなかったと思い込んでいた。

 しかし、最近それを覆す出来事が起きたのだ。

歳上の元カレ

元鈴木さんの子どものころの画像 まさか4股かけたりする人間になると思ってなかったリトル元鈴木

 その人と私は、20歳の頃に付き合っていた。
EXILEにひとりいそうな感じの筋肉雄野郎なイケオジだ。実年齢より10歳は若く見えたので波紋使いだと思っていた。

 若い頃の私は歳上の筋肉雄野郎がやたら好きだった。

 真田広之だとかマークダカスコスだとかロック様の大ファンで、美味しそうなイケオジがとにかく大好物だったのだ。

(ちなみに、我が夫であるゴリラは見た目に反して1つ歳下だし、現在は逆に若い男が好みだ。私はどうやら順調にクーガーに寄ってきているようである。)

 そんなイケオジとは割と長く、2年ほど付き合っていた。
しかしある日、私は19歳の明大ラグビー部の男の子と真剣に付き合うことを決め、アッサリ別れた。

 別れたというか、何も言わずに連絡を絶った。

 イケオジは、フェロモンで目が染みるようなセックスアピール強めの見た目だったためか、非常にモテた。
なので、きっと他にも女がいるだろうし、私くらい消えても問題無かろうと思ったのだ。

 そしてバツイチだった彼には結婚願望がなかった。
いつか結婚をしたかった私は、自分の未来を考えたときに、彼との将来が見えなかった。

 さらに、自分に足りない『真面目に男の子と付き合う経験』の必要性を感じていた。

 そういったことから考えた結果、明大ラグビー部に乗り換えることを決心したのだった。

 …もう皆様充分お分かりになったと思うが、私は打算的でエゴイストなどクズだったのである。

 しかし、そんな風に終わりを迎えたイケオジと私は、ある日ネットで再会することになる。