「退屈」な時間

今の本命彼氏ですが、相談文を読んでいるとあなたは「保険」で付き合っているという感じがしました。万が一、1人で生きるのが怖くなった時に、とりあえず結婚するための「保険」ですよね。そのことがバレないと良いとは思いますが、バレた時は彼氏はどう思うでしょうか? 彼氏と一緒にいるよりも遊び相手と一緒にいた方が楽しいというのは、彼が相当お人好しでない限りは伝わっちゃうと思うんですよね。

「退屈」って顔に出ちゃうんですよ。私なんかは自慢じゃないですが、仕事中にも出ちゃいます。プライベートだったらもっと露骨でしょう。それが失礼だということは私も理解しているので、そういった相手とは少しずつ距離を取っていきます。興味が無い人と過ごす時間というのは相手に失礼と同時に、自分にとっても限りある人生の時間の中で勿体ないと私は思っています。

「恋愛体質」をかたるなら

まるさんは自称恋愛体質ということですので、浮気でお茶を濁すのではなく、もっと本筋の恋愛で特殊性癖込みで恋愛した方が良いのではないでしょうか。だって成就して両想いをしないことだって恋愛ですよ。相談文を読んでいるとまるさんはそんなに好きでもないのに自分のことを好きになってくれる相手を「保険」で確保しながら、適当に浮気を楽しんでいるように思えました。それって「恋愛」の王道なんでしょうかね?

恋愛体質って自分で言うんだったら、恋愛体質らしく、潔く本命で思いっきり恋愛すればいいんじゃないかなと私は思いました。賢い人にありがちな「傷ついて失敗するのが怖い」というのが本心にあるのではないですか。

まあ傷ついた時に私が責任を取れるわけではないので、あなたの好きにすればいいと思いますが、だったら「恋愛体質」なんて気軽に言わない方が良いですよ。90年代の内館牧子さんの「週末婚」というドラマで言うと「したがり屋のズルい女」です。たとえ飽きるのが早くなったとしても、本命と思いっきり恋愛する人の方が私は恋愛体質だと思います。恋愛の解釈は人それぞれだと思いますが、あなたはどう思いますか?

TEXT/肉乃小路ニクヨ

ニクヨさんにお悩みを相談したい方はコチラからどうぞ。随時募集中です。

前後の連載記事