イケメンと記念ワンナイトのつもりが安定したセフレ関係に/AM編集部セルフお悩み相談室

「編集部の20代の時の悩みを編集部が自分たちで回答する」セルフお悩み相談連載、第二回目です。

自分の過去のことだからもう終わってるし答えるの簡単っしょ! って思ってましたが、歳をとること=悩みが解決するわけでは決してなく、「単に自然に終わった」「どうでもよくなった」ことが結構多くて、今でも自分の悩みを回答するのって案外難しいことに気づきました。

今回も頑張って、自分たちの過去のお悩みに向き合っていきたいと思います!チェケラ!

意外と関係が続いてるセフレ

マッチングアプリで出会った人が思ったより自分好みのイケメンだったので、これはヤリチンだな…1回限りかもしれないしと記念にヤッてみたところ、意外と関係性が続き、半年くらいセフレです。でも相手が意外と優しく、まともなような気もしてきて、好意も感じるし、今すぐ本命にしてくれや! は無理だとしても、できればこのまま関係を進捗させたい。しかし安定したセフレって意外とその次に何したらいいかわからないのです。この状態から少しでも関係を前向きに進める方法が知りたいです!(編集部X /28歳くらいのときの悩み)

金井の回答

セフレにはお互いに人間だということを思い出してもらうために、高校生時代や子ども時代の話をするといいって聞きました。ので、いけそうな空気が多少あるのであればより一層取り入れてみるといいかもです。

ただ私の場合、高校生時代といえば序盤で家の会社が倒産してしまい、しっとり話しても気まずいし、めちゃくちゃ面白く話してもせっかくこれまで積み上げた印象がずれちゃうんですよ。せめて序盤はかわいい感じでいたいですよね。皆さんも意外と反射的に変なエピソードを話してしまう人が多そうなので、事前に万人が心温まる思い出を搾りだしておくのがおすすめです!(金井)

大川の回答

なんとなく関係を続けられている状態なので“決定打”を打ちましょう。タイミングは身を預けきった後のピロートーク中。ふたりにとっての唯一の神、精神的なつながりを得られる存在を探り出すのです。趣味、仕事、政治などテーマは何でも構いませんが、特に嫌いなもの、共通の敵を見出すと結束感が高まり、あなたの地位も確立されます。

しかし、激しい憎悪や怒りを表した場合はヤバい男の可能性があるので、そのままフェードアウトすることをおすすめします。(大川)

前後の連載記事