石島の回答

人間は見た目がシンメトリーになっている相手に惹かれるそうです。「シンメトリーってことは健康だ! 子孫を繁栄できる!」と思うらしい。いい感じだけど今ひとつ決め手に欠けているとしたら、身体のどっかがアシンメトリーになっているのかもしれません。

顔でもっとも左右非対称になりがちなのは「眉毛」です。あれは素人ではどうにもできません。迷わず眉毛サロンに行きましょう。眉毛をシンメトリーにしたら、あとは「中学時代、体力テストがAだったよ!」と健康をアピール。これで勝てます。(石島)

橋本の回答

猥談バーに一緒に行くのはどうでしょうか。勝手な憶測ですが、そういったプロのハイスペヤリチン男性って「実は思った以上に性欲が強いのに、理性的で自分の内側の部分をさらけ出さず、性のジレンマを抱えている」とお見受けします。エロの領域であなたから手を引っ張ってあげれば、間違いなく他のセフレに勝てるはずです。

中々自分をさらけ出さない彼にとって、猥談バーで知らない人同士、サクッと後腐れなくエロい話をして自分をさらけ出すのは新鮮に感じられるのではないでしょうか。あと大体「猥談バーの会員権持ってるよ」っていうと、「実は行ってみたい!」って男女ともに結構釣れます。会員権を持っているあなたから今後気軽にデートにも誘いやすいし、あなたにとっても他のセフレと差別化できるチャンスです!(橋本)

小村の回答

マッチングアプリで出会った人との関係がふわふわしがちなのって、共通の知り合いが少ないのがやっぱり影響してると思います。これが学生時代同じサークルだった人、とかなら、さりげなく共通の友人に今相手にほかに彼女がいないかとか聞いたりできますが、アプリ経由だと少ないヒントから鬼のネトストするしか手立てがないですよね。

そこで、もし一人暮らしなら自分の家にガンガン呼んだり、もしくは仕事帰りに自分の職場の近くまで来てもらってその近辺で食事したり、自分のテリトリーを開示しつつ、そこに彼にもなじんでもらう。というのが関係を一歩進めるのに有効なのではないでしょうか。なんなら友達や同僚にもさりげなく会わせちゃうといい気がします。

いつも二人きり、会うのは繁華街だけ、だと生活感がなさすぎてその後の展開がイメージしづらいですが、家の中を見せたりよく行く飲み屋でリラックスしているところを見ると、この子と日常を過ごしたらいいことありそうかも〜と思わせることができるかもしれません。

TEXT/AM編集部

前後の連載記事