死ぬまでには観ておきたい映画のこと

まさかの20年ぶり続編!裏切り者が帰ってきた『T2 トレインスポッティング』

かつて仲間たちを裏切って大金を持ち逃げしたレントンが、20年ぶりにスコットランドに帰ってくる——名作『トレインスポッティング』20年ぶりの続編

映画 T2 トレインスポッティング ダニー・ボイル ユアン・マクレガー ユエン・ブレムナー ジョニー・リー・ミラー ロバート・カーライル

 20年前、あなたはどこで何をしていただろうか。
スコットランドの“奴ら”はドラッグに明け暮れて、欲に溺れていた。
一緒に歳を食った。いつの間にか中年になった。シワも増えて髪の毛も減ったが、決して変わらないものがある。

 ここ一年間に公開された数十年ぶりの続編作品なんて比じゃない。同監督・同キャストが再集結した意味は大きい。
この同窓会は想像以上に痛快だ。映像表現の幅が拡がり、前作を遥かに凌ぐ疾走感に溢れている。

 1990年代のポップカルチャーを語る時には避けて通れない。その時代のシンボルになった96年製作のイギリス映画『トレインスポッティング』の、まさかの20年ぶりとなる続編。
監督は前作と変わらずダニー・ボイル。キャストもユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルドとあの頃に20代だった役者たちが勢ぞろい。
ジャンキーからジェダイの騎士になった者もいれば、シャーロック・ホームズになった者もいる。だが、ここでは相変わらず“ならず者”なのだ。

前作のセルフオマージュが盛り込まれている。

映画 T2 トレインスポッティング ダニー・ボイル ユアン・マクレガー ユエン・ブレムナー ジョニー・リー・ミラー ロバート・カーライル

 故郷に帰ってきたレントン。感動の再会と思いきや、大金を持ち逃げした罪は重い。そこにノスタルジーもクソもない。奴らが言うところの“ファッキン”な同窓会にしかならない。

 20年後、ある者は死を遂げようと、またある者は新たなビジネスを始めようと、そしてまたある者は刑務所から脱走しようとする。期待を裏切らず、全く大人になろうとしない相変わらずの姿がそこにある。

 前作ファンが手を叩いて喜べるようなセルフオマージュが幾つか盛り込まれて、それでいて一つの作品として独立して観られる作りになっている。前作を予習・復習する必要はない。
過去にハメを外した大人たちが不器用に生き続ける姿が愛おしく、どこか物悲しい。20年前を紹介するまでもなく、今のその姿こそがすべてを表している。

 バカだけど根が優しいスパッド。ワルだけど仲間を思いやるシック・ボーイ。そして悪に悪を重ね続けるベグビー。それぞれがレントンとの再会を果たす。そのたびに20年の時の重さと、逆に時の短さを感じてしまう。変わりたくても変われない、どうしようもない男たちの哀愁がそこにある。