Loading...

顔も性格も悪くない…なのに、婚活男性がキモく見える問題

 年頃になったら婚活するのが当たり前。そんな価値観が広まって久しいですが、「婚活するぞ!」と意気込んで場に繰り出しても、なーんか全然惹かれない。
顔も悪くないし、性格も仕事ぶりも普通。それなのに、食指が動かず、婚活迷子になる人も多いものです。

 運命の相手はいないのかもしれないとか、私は恋がもうできないのではないかと、焦ることもあると思います。でも本当は婚活する男がキモく見える原理”“を理解するだけでよいかもしれません。

なぜ恋愛に必死な男はキモいのか

婚活で出会った男性が気持ち悪く見える女性の画像

 「夢に向かってがむしゃらに頑張る男(女も)はかっこいい」

  夢や仕事や趣味に夢中の男性って、3割増しにかっこよく見えるもの。でも不思議なことに「恋愛しようと必死な男」って、がむしゃらになるほど3割増しには見えない。
でもこれもまた不思議で、「彼女に対して夢中な男」というのは、なんか可愛らしかったり素敵だなって思えたりするものです。
この不思議な構図って、どうして起きるのでしょうか。

 女性というのは本能的な部分で、異性を見る際、自分をいかに安心させてくれる存在かという“種の保存”としての魅力を図っています。

・自分を好いてくれる(気持ちの安全)
・人として強そう(肉体的な安全)
・生命力にあふれているか(精神的な安全)

 などの項目を、本能的に見ているといわれています。
しかし「恋愛しようと必死な男」というのは、ある意味“種の危機”を全面的に出てしまっているわけで、魅力が本来よりも3割減なのはもちろん、「なんか頼れない」と無意識レベルで思ってしまうのです。

 こうなってくると、ニワトリが先か、卵が先かの問題ではありませんが、モテないから必死なのか、必死だからモテないのか、良くわからない状態になっていきます。