2.マッチングアプリで男性とサシ会話の特訓

 見た目に自信がついたら、今度はサシ会話の特訓です。奥手女子は、いわゆる恋愛経験値不足です。
そんな時に使いたいのがマッチングアプリ。相手は知らない人なので、失敗しても知らん人との連絡が途絶えるだけ…ノーダメージです。

 また、「この人ちょっとタイプだな」という人がいても上手くいかなかった時は…すぐに心をシャットダウンするのではなく「何がだめだったのか」をしっかり考えましょう。
そうすることで、「自分はどういう人が好きなのか」「自分はどうすべきだったか」が見えてきます。自分のタイプや反省点が明確になるだけでも、奥手女子には大きな一歩。

 ちなみにオススメは「クロスミー」というマッチングアプリ。今自分がいる場所の近くにいるお相手を探して会うことができるので、サクッと飲む相手探しにはうってつけです。

3.飲み会では酒選びで「大人女子キャラ」を確立させる

 男性とのサシ飲みで「女」を見せることにに慣れてきたら、複数人の飲み会にも挑戦してみましょう。
カシスソーダを飲む女が目の前で男性とイチャイチャし始めると、心が凍りますよね。
でも、飲み会で上手くやれる女子を見下したままでは前には進めません。

 いっそビールや日本酒で「イケるくち」なキャラ立てをしてみてはいかがでしょうか。
銘柄に詳しくなると男性との会話も広がります。専門店も多いので、「今度この店行ってみようよ!」という次の約束にもつながりやすいし一石二鳥。

 マッチングアプリで得た会話スキルも使って、キャピキャピ女子にはできない「しっかり者の酒好きキャラ」で、「大人の女の余裕」を人前で持つことに慣れましょう。

 この際本命がいなくても、会社や地元の飲み会でもどんどん練習して場数を踏んでください。

傷ついた時の立ち直り方を忘れないこと

 「傷つくくらいなら…」という気持ちは分かるんだけど…失敗したり傷ついた時こそ、立ち直り方を忘れてはいけません。トライアンドエラーを繰り返しているうちに、男性にも慣れてきて、「メス」な自分を作ることが恥ずかしくなくなって行くはずです。

 恋愛も仕事と一緒でPDCA。
計画を立て実行し、だめなら一歩戻って解決策を考えましょう。