かくいう私も上司専

実は直属上司専は私もそうでした。叱られたり、指摘されたり、褒められたりするうちに好きになってしまってその人のために頑張って仕事しようと思うので、モチベーションも上げやすかったです。

といっても私の場合は会社ではおじさんとして働いていて、上司もストレートの既婚者でしたので社内恋愛には発展せず、味気ない会社生活のスパイス的な感じに上司を使っていました。あなたと上司はお互いストレートの男女なので、自然とお互いに恋愛感情が生まれるのでしょうね。

ただし、社内恋愛というのはお互いの良い面だけを見過ぎる傾向があります。恋愛としては面白いのですが、リアルとかけ離れています。
あなたが感じている通り、既婚者の男が良く見えるのはリアルを支えてくれている配偶者の力が大きいです。あなたは下駄を履かされた状態の上司を見て好きになっています。

対して結婚はリアルの積み重ねです。あなたも不倫でしたが良い恋愛もしてきたので、結婚を意識するなら、そろそろリアルの積み重ねということを重視した恋愛に
移行してもよいかもしれませんね。

孤独を恐れるよりも楽しいリアルの積み重ね

あなたは相談文中で冗談めかして孤独死を恐れる34歳と書いていますが、孤独死は結婚しても子供を産んでもそれだけでは逃れられません。また、孤独が嫌だから結婚、出産をするというスタンスだと相手選びにも子育てにも良くない影響を与えると私は思います。

シンプルに好きで、価値観があって、この人とリアルを重ねて行きたいと思える相手と結婚をする。その相手との愛の証として子供を産み、仲間を増やして、子育てを通じて自分の価値観を学びなおし、リアルをもっと面白くする。

綺麗ごとかもしれませんがこういうスタンスで結婚、子育てをしていけたら人生が充実して、結果孤独死だとしてもそんなに気にならないと思うんです。

かくいう私も孤独死を恐れていた時期もありましたし、今もたまにこの先「大変だな」なんて思うこともありますが、誰もわからない将来を心配して怯えるより面白く、心地よくリアルを重ねて行くことが大切だなと強く思うようになりました。

急には無理かもしれないけど、あなたもこのことを頭の片隅に置いておいてくれたら嬉しいなと思います。

TEXT/肉乃小路ニクヨ
前後の連載記事