Loading...

元カレの婚約に落ち込むけれど「がんばれば報われる」は恋愛には通用しない

元カレの婚約に落ち込む女性の画像

 自分をふった元カレが、なんと婚約!
もう終わった恋愛でも、なんだか気になってしまいますよね。

 そんなモヤモヤを抱えた相談者に、
ニクヨさんが失恋の経験から学んだことを教えます。

【お悩み】
  私には婚約者がいます。
しかし先日、元彼のSNSの画像が結婚指輪になっており、かなりショックを受けました。
元彼とは別れて1年程経ちますが、一切連絡は取っておらず、たまたまそれを目にしてしまいました。

 私が振られて別れたので、好きな気持ちがあったのは事実です。 別れた時もすごく引きずりましたが、それから婚約者とご縁があり、今の状態までたどり着くことができました。
今が幸せの絶頂なはずです…婚約者に不満はありません。大好きです。

 でも頭の片隅で、元彼は結婚したんだ、SNSにペア画像を載せるような人じゃなかったはずなのに、自慢したいのかな…とやるせない気持ちになります。

 もちろん元彼を奥さんから奪いたいなんて気持ちはありません。
ですが、なかなか気持ちの整理がつきません。
ふとした時に思い出してその度に落ちてる自分が嫌いです。時間が解決してくれることを祈って前向きになろうとはしてみてますが、ニクヨさんのアドバイスをお聞きしたいです。
(31歳・女性)

自問自答してしまうけど

 恋愛の痛手は回復するのに時間がかかる場合もあります。
人によりますが、私の場合は3年かかったこともあります。
あなたの場合、まだ一年なので、その傷が疼いたのでしょう。
特に、自分から別れたのではなく、相手から別れを告げられた場合、
何で?どうして私じゃ駄目だったのだろう?
何が悪かったのだろう?
という自問自答が長い期間続きます。

 結論はあなたも想像している通り、
縁がなかった、ということだけです。

あなたが悪かったのでもなく、彼が悪かったのでもなく、
縁がなかったということだけです。
それ以上考えても無駄です。

前後の連載記事