地上の楽園「外国人執事喫茶」その実態は……

 今回ご紹介する「外国人執事喫茶BUTLERS CAFE」は、渋谷の雑居ビルの5階にあります。

外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像 公式ホームページより

 予約してウキウキな気分でお店に向かうと、まずは入店前のルール説明を受けます。

 自分でドアを開けてはいけないだとか、大声で笑ったりしてはいけないだとか「プリンセスらしい振る舞いをできるか」の確認です。

 そして、プリンセスになる覚悟を決めてからやっと入店できます。入店後、頭にティアラをつけさせてくれます。

ここがすごいゾ!外国人執事喫茶①

 入店時や注文時など、プリンセスがなにか行動を起こそうとすると、必ず、その場にいる執事さん全員が手を止めて「Yes! My princess!」と言ってくれます。

外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像 写真撮影は料理のみ許可されているため、イメージ画像でお楽しみください

 他のお客さんと接客していても何があっても、絶対にこっちに向かって「Yes! My princess!」を言ってくれます。

 しかも絶対みんなで声を揃えて言ってくれます。もしかしたら出勤前の朝礼で、声を揃える練習でもしてるんじゃないか、と思うレベルです。

ここがすごいゾ!外国人執事喫茶②

 トイレにも、自分で勝手に行ってはいけません。まず、呼び鈴を鳴らして、

外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像

 「Yes! My princess!」をしてもらって、そこでやっとトイレに行くことができます。

 また、トイレを「パウダールーム」と言わないと怒られます。さらに、トイレに行くのにも絶対手を貸してくれます。そしてトイレが終わるまで待ってくれます。

 これらの儀式を経て、やっぱり本物のプリンセスは大変なんだなぁと実感します。

ここがすごいゾ!外国人執事喫茶③

 執事喫茶だと思って、あなどってご飯を食べると普通にびっくりします。

 飯がめちゃくちゃ美味い!!!

外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像
外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像

 とにかく本当に美味しいです(語彙力)。個人的にめちゃ感動しました。
しかも美味しいだけじゃないんです。

 実は、入店後すぐに自分のプリンセスネームを書く場面があるのですが……

外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像

 なんと……お皿の下に自分の名前が刻まれている……!!!!!

 ちなみに私は執事喫茶ガチ勢なので、本名の「Misato」で登録しています。

 また、お料理が来たときだけ、スマホを出して写真撮影をすることができます。

外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像 プリンセスになりきっているのに服に穴が空いてることに気づいて実は凹んでる渋木さん(右)

 ちなみに、紅茶もめっちゃくちゃ美味しいです。

外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像 写真左の水は飲むためのものですが、私はこれを「手を洗うもの」と勘違いしたのでご注意を

 さらに、デザートもめちゃくちゃ美味しいです。

外国人執事喫茶にハマる渋木プロテインおやじさんの画像

 見てるだけで幸せになれる画像ですね。

前後の連載記事