「自然に付き合う」なんて相手任せすぎる。恋愛スイッチは手動でオンしよう

「あ~っ!彼氏欲しいっ!」この言葉、2017年に突入して何回使いましたか?口癖になっても、自然と彼氏が出来るほどこの世の中“甘く”なんかないですよね?むしろ、身に染みて感じている?だったら、行動に移さなければ!うろんちゃん流「手っ取り早く男を捜す」方法はこちらです!

うろんちゃん 恋愛道場 結婚 恋愛 大人 自然
by CC0 License

 あらゆる人間関係において“自然に”というフレーズが信仰されすぎているように思う。

 これだけ婚活や恋活がブームとされている昨今でも、「自然に出会い、自然に距離を縮め、自然に惹かれあい、自然に交際して、自然に結婚したい」と言う女性たちがわたしのまわりには少なからずいる。

 それこそが正しい恋愛のかたちであると思っている人は、老若男女問わずとても多い気がする。

 しかし、それはちょっとおかしいんじゃないの? と、わたしは思っている。
大人の人間関係において“自然に”任せ過ぎるのは、甘えではないだろうか。

“自然に”任せていたら友達すらできない

 大人になって、友達が減ったと感じる人は少なくないと思う。
ある程度の年齢を重ねれば当然のことながら、これまでの人生のステージを横一列に並んで歩んできたはずの友達とも、進学、就職、転職、結婚、出産、離婚などを機に別々の道へと進むこととなる。

 学生時代なら、約束をしなくても学校へ行けば毎日のように会えた友達でも、大人になれば生活リズムも環境も違う。
関係を続けるには、忙しい日々の中で互いに会う時間を作り、連絡を取り合って会う約束をしなければならない。
それを“自然に”任せていたら、どんどん疎遠になってしまうだろう。
それは“自然に”というより、“相手任せ”ということだ。

 新たな出会いでは、より一層、能動的にならねばならない。
友達になりたい! もっとこの人と親しくなりたい! と思っているなら、自分から連絡先を聞いて食事に誘わなくては、そのまま二度と会えないことだって十分にあり得る。自分から働きかけることなく、人間関係を構築するのは難しい。

 恋愛も同じだと思う。
出会いの数が少ないのならば、出会いを増やす努力をすべきだし、さらにひとつひとつの縁を大切にして、相手にきちんと興味を持って行動して初めて、関係が構築されていくのではないだろうか。