Twitterに増殖する自称BBAと、女子のエイジングとの付き合い方

女性にとって"エイジング"は敵だけれども、SNSをのぞけば「BBA」という老いた女性を表すネットスラングを若い女性が使っている昨今。女性にとっての"エイジング"との正しい付き合い方ってどんなものなのでしょうか。30歳を目前にしたうろんちゃんが加齢と見た目の関係について改めて考えてみました。

うろんちゃん 恋愛道場 結婚 恋愛 大人 自然

 あと3ヶ月で、30歳になる。子供の頃、30歳といえばすごく大人に見えていたもんだが、まあ実際はこんなもんか〜と思う。とはいえ、そのことには17歳の頃から気づいていた。“幼かった頃は17歳といえば大人だと思っていたが、実際はこんなもんなのだ。きっと20歳も30歳も40歳も似たようなもんなんだろう。みんな大人だから大人らしく振舞っているだけで、年齢に実感など伴っていないんだろう”と。その予感は当たっている。なのでまあ、やっぱりこんなもんだよな〜と思っている。

君の名はエイジング

 忘れもしない26歳の春、ワンルームマンションのわたしの部屋に突然“エイジング”が訪ねてきた。
 気づいたときにはすっかり住み着いていたそいつは、初めは見過ごすくらいに小さかったが、夏頃にはまるまると大きくなり、いつの間にか存在感を放つようになっていた。わたしは、鏡の前で首を傾げることが増えた。
 今までバッチリ似合っていたはずの髪型が、なんだか少しチグハグな気がするのだ。もしかして髪色の問題だろうか? それともアイシャドウの色? いや、はたまたリップの色のせいかもしれない。お気に入りだったはずの洋服も、何故かしっくりこない。ちょっとだけ違和感がある。大学の卒業旅行の写真をスクロールしながら、全然変わってないつもりなのに決定的に何かが違うと気づく。
 そしてその存在に思い当たった。そうか、お前は“エイジング”か、と。気づいたときはビックリした。なにしろ初めての“エイジング”である。これまでは成長しか経験がなかったのだ。しかし、意外とショックを受けることはなかったし、むしろ正体がわかってホッとした。ただ、接し方がわからなかった。初めての“エイジング”と今後どういう距離感で付き合っていけばいいのか、考えながら生きていこうと思った。“エイジング”とは死に近付くということだ。命あるものは必ず死ぬのだから、当然である。