あなたの本能を満たしてくれる男とは?自分のフェチと向き合うススメ

フェチを満たす要素

舘そらみ 応用のきかない恋愛論 KaylaKandzorra

 舘そらみです。だてそらみといいます。

 どういう人タイプ? っていう問いに、なかなかサラッと答えられない。
友達が男性を紹介しようと聞いてくれても、うーんよく分からない。
「今までの彼氏の共通点は?」と問われても、確かにどちらかというとSな人が多かったけど、かと言ってSだから惹かれるわけではないし…
どちらかと言うとインテリな人が多かったけど、インテリとはほど遠い人も居たし…
第一に、5年前の私が付き合っていた方をサンプルにしたところで、今の私には効果はない。あの時の私だから付き合ったわけで、今もそうなわけではないし…

  優しい人、面白い人、男らしい人、仕事できる人、まあどれもあったらいいけど、ねえ。そりゃ、ねえ。
かと言って、“旅行が好きな人”“料理ができる人”“お酒が飲める人”は小さい要素としてはあったらいいなと思うけど、それだけ満たしてるとんでもない奴が来るのも怖い。

 てことで、本日終日考えてみた。一体、どの要素さえ満たしていれば、私はその人を大事に思えるのだろう。一つしか挙げられないとしたらどれにするんだろう。

 たった一つ、これだけ満たしていれば、一番我慢し続けられる(ていう表現がもう)のは、何なのだろうか。

 それはもう、私のフェチと向き合う行為であった。
そうだ、もう、私の本能部分を満たしてくれるものじゃないと、きっと飽きる。思いは変化して行ってしまう気がする。

 色んなフェチを持ってはいます。人間、恥ずかしい癖の一つや二つあるでしょう。言いたかない。
そんなフェチの中で、最も私を、刺激し続けてくれるであろうフェチ、それは!!!!
人さまの共感など求めなくてもいいのであるならばそれは!!!!!!

「変わった言葉を放つ人」

 なんだそりゃ! なんだそりゃ!
よくわかんないし、まずなんか全然面白くないでしょう、なんだそりゃ!

 いいじゃん、ウケも狙わない本当のヤツだ。
これを出しちゃうのは意外と恥ずかしいんだから。今パソコン打ちながら、まあまあ顔赤いんだから。

<あなたのフェチ心を刺激する人は?>

前後の連載記事